FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

アレルギー

昨日22日の読売新聞の「医療ルネサンス」の『鼻の不調』というタイトルで、猫のアレルギーをもつ方のコラムが掲載されてました。アレルギーと診断されてからも、それ以前から飼っていた猫2匹を手放すことができずかなり辛い症状の中必死で耐えてきたけれど限界を迎えていた話が載っています。

医者や周囲の目からすれば、ペットを手放すことが最善であり、そうしない限り治すことができないと告げられていたそうですが、自身も家族も手放すことができず、最低限の接触で済ませ、治療にも専念したそうですがそれでも限界があるため、家族との話し合いの結果、猫を隔離できるようなスペースを設ける家のリフォーム、猫のふけが付着している今まで使用してきた家具、カーペット、カーテン類の前面取替え、専門業者による掃除も頼んで飼い続けているそうです。

この記事を読んでまず感じたことは、アレルギーと言ってペットを手放すことに対して非難する人もいますが、この記事の方のようにここまでの努力をしてもなお、アレルギーの症状に苦しんでいる人たちもいることを理解はいけないんだなーと思いました。捨てると手放す(他人に譲渡、里仔に出す)とは全くニュアンスが違うとわたしは思います。
もちろんアレルギーの状態にもよって飼い続けられればそれに越したことはありませんが、ここまでできることは稀ですし、第一金銭面でかなりの出費がかかることも覚悟しなくてはならないでしょう。それでも人命に関わる症状を抑えられるかどうかも保障できませんし。

わたしも猫アレルギーがあり、好きなんですが飼うことは諦めています。最初から分かっているから飼わない選択ができるのですが、以前から飼っていたペットを、生まれた子供がアレルギーだったりとか、ある日突然アレルギー症状が出て、やむを得ず手放さなくてはならなくなった方々の悲しみや悔しさを思うと、あながち非難ばかりできないなーと感じました。(捨てたり保健所で処分することはもちろん論外ですよ)

そんなこんなで今日はかわいい猫ちゃん動画でもみて楽しんでくださいませ。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
難しい問題ですね
アレルギーの問題は本当に難しいと思います。
ピンパパとまだ交際中の頃私はねこ3頭飼っていたのですが、我が家に遊びに来るたびにものすごい鼻水クシャミ、頭がボンヤリで薬を飲んでも効果がなく、本当に大変な状態になるんです。
私は猫達を処分なんて絶対できないし手放すこともできないので、このまま交際を続けるにはあなたに我慢してもらうしかないのです、と言いました。
幸いなことに彼のアレルギーは軽い方だったらしく、何度も自宅に来ては馴らしていき、克服することができました。
あの時彼が別れると言ったら今の私達はないわけで。。。^^;
私達の場合は本当にごく軽いものですみましたが、やむを得ず手放すにしても愛情と責任をもって対処してもらいたいですね。命の重さを真剣に考えてほしいです。
2009/05/24(日) 10:58 | URL | ピントママ #-[ 編集]
ピントママさま
アレルギーの問題もそうですが、動物を好きでない、もしくは興味がない人にその良さを理解してもらうって難しいですよね。
わたしは主人と結婚する前はインコを飼っていた程度で、犬は全く未経験でした。だから何としても一生に1度は犬を飼いたかったんです。結婚後にそんな話をしたものだから最初は理解してもらえず悶々とした日々をすごしてました。

結果的に家族を説き伏せて今のしゃろむを迎えてのですが、アレルギーに限らずペットを飼うと言うことは家族の協力が不可欠ですよね。

自分自身の問題(アレルギーとか)だったら多少のことは我慢できますが、家族のことになると負い目を感じますし。ピントママさんのご主人は素晴らしい方ですね。愛あればこそアレルギーもかなわなかったのでしょうか。
2009/05/24(日) 15:10 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面