FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

ぷーちゃん

風すごいですねー。今の時期黄砂やらスギ花粉やら飛びまくっていますが、わたくしはおかげさまで花粉症等のアレルギーは今のところありませんので関係なくお気楽にすごしています。はやく時期が過ぎると良いですねー。

うちの近所は殆どのうちで犬を飼っていますが、その大半は外飼いです。やっぱり田舎なのでまだまだ犬を家の中で飼うという認識は乏しいです。番犬目的というのもありますし。

番犬=ワーキングドッグか否か、物議をかもし出す要素になるかもしれませんが、それはさておき、うちの両隣さんも番犬として飼っているみたいです。

その一軒の犬は「ぷーちゃん」というオスで多分もう10歳近いかと思われます。お義母たまの親戚筋なのですが、主人と結婚を機に家を新築する際、現場を見に行った時なんかよく車を置かせてもらっていました。ぷーちゃんはそのたびにぐるぐると警戒して回りながら吠えたものです。でもって怖がりさんなので触らせてももらえませんでした。

家が建ち結婚してぷーちゃんを見かけるたび庭の隅から少し入って声をかけたりおやつをあげたり、、、それでも多少警戒はしていましたが少しづつ距離は縮まっていったように思えます。

そうこうしているうちに、ぷーちゃんも私や主人には吼えなくなり(他の人には道の前を横切っただけで吼える)、車も覚えてくれたのか、通るたびに寝ていてもおきてこっちを見てくれるようになりました。

そんなぷーちゃん、脱走癖がありよくうちの玄関先や庭に侵入してくることもしばし、夜わたしが仕事から帰ってきた際も抜け出してお出迎えしてくれたこともありました。
今では夜中の1時過ぎに主人や私がゴミ捨てに行く際も、ぷーちゃんの家の前を通ると、とぼとぼでてきて待っています。で、帰り際に庭に入っておやつをあげます。ぷーちゃんは賢く要領を心得ているのでけっして騒いだり吼えたりしません(この段階ですでに番犬の資格なし・・・)。

わたしたちはどうやらぷーちゃんにとっては侵入者でも怪しい人間でもないようです。でもそのあと私たちがいたところに必ずおしっこかけるのは余分ですがね。

00038.jpg

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面