FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

介護職の人手不足

「失業者 介護人材に活用」(3/6の読売新聞社会面)
人手不足に悩む介護業界に失業者を雇用しようと、国や自治体が介護の資格試験に力を入れる。東京都では「TOKYOチャレンジ介護」といって資格取得費用の全額助成、生活費や就職一時金も貸与するほか自治体でもヘルパー2級の資格取得講座の受講料を全額もしくは半額等の助成を行う。各地のハローワークででも職業訓練コースを設ける。

なにやら難しい文面で書き記しましたが、これって根本的に人材不足の解決に結びつくかどうかは、わたくし個人の考えでは無理かと思います。だって仕事ってどんな業種・職種であれ適正・適職ってありますから。資格をとっていざ就職してみてはじめて向いているかどうかが分かることもありますしね。介護の仕事もそうです。仕事に就く人は多いんですが(受け皿は多いので)離職率も高いんですよねー。やっぱり「K」の着くお仕事ですから。

どんなお仕事であれ、最初は1週間、何が何でも辞めることは考えずに我慢する、次に1ヶ月、3ヶ月、そして1年とがんばれば長く続くことができるって教わりました。ただ今は終身雇用の時代ではないので、はやくに見切りをつけて次のお仕事へ変わってしまう流れにもなってきてます。

介護のお仕事は決して儲かるものではないのですが、仕事自体は絶対になくなることはないので、給与面での問題をクリアできさえすればもっともっとたくさんの人が介護の仕事に就いてくれるのではないかなーと思います。そのためにももっと国が介護報酬及び給与面で見直しをしてくれると良いのですがね・・・。
今のままでは結婚も生活もできないですよ、この仕事に就いていたんでは。

あと、よく社会人や学校の生徒が研修とかボランティア活動とやらで異業種に体験就労したりすることがありますよね。そういうことを国の偉いさんとか官僚さんとかが実際やって見ればいいんですよ。施設訪問して握手するだけの表面的なことばっかりのプロパガンダぢゃなくって。

社会奉仕を兼ねていっぺん汗水流してオムツ替えや排泄等のお世話をしてみれば少しはどんなけ大変な状況のなか低賃金で長時間労働しているか分かるんぢゃないですかね。それだけの仕事をしているのですから、もっと報いがほしいですよね。

snap_galatia62_200932122818.jpg


共感してくださる方、ぽちっとな
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面