FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

しゃろむの今後

先週の4日はしゃろむの通院日でした。数値は12.5と少し回復。しゃろむに関しては今までの方針を変えていきたいと先生にお伝えしました。これまで数値の変化によりステロイドを増減して服薬してきましたが、これからは、そういったことにとらわれず、もう服薬自体を止めようと決めました。

昨年に病気と分かって以来、月に数回通院して検査を行い、数値に応じてステロイドを投薬してきました。その結果、過度の多飲多尿や飢餓感、落ち着きのなさ等それまでにない症状が現れ、お互いとってもぴりぴりとした中で過ごしてきました。薬を飲ませたからと言ってこの病気自体は治るものでもなく数値の改善も劇的にあるわけでもありません。

月の数回の検査のたびに一喜一憂することも終わりにして、余裕のない生活から解放されてお互いが楽しく過ごすことができるようにしたいと願いました。この病気に関してはそのような選択をしますが、他の病気やけがにかかった場合はちゃんと処置しますので誤解のありませんように。また少し以前から始めていました乳酸菌のサプリは増量して継続していきます。これはこれで効果はあると感じていますので。

これからの生活で一番心配なのは、感染症です。この病気はワクチンが接種できないので他のわんちゃんとの接触や外での散歩時も臭いかぎを控える等注意が必要です。最後のワクチン接種から2~3年は効果はあるらしいですけどね。

少し前から久しぶりに一緒の部屋で眠ることができました。まだまだ多飲多尿の症状が残っていて夜中に1回は起こされてトイレに連れて行きますが、ましにはなりました。でもるあちゃんが帰ってきたら同じお部屋で仲良く寝てもらうので今限定ですけど。
[広告] VPS


それから、このブログ自体はとっても拙い内容ですが、コメントして下さる方のご意見や知識はとっても勉強になることがたくさんあります。鳥さんを飼っている方やこれから飼ってみようと思われる方は是非参考にしていただければと思います。手引書になるくらいですよ。

しゃろむや私たち家族がのびのびとおおらかに過ごすことができましように応援よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
No title
しゃろむちゃん、元気そうに遊んでいて、何よりです。^^
薬は、どんな物でも、肝臓に負担がかかるので、効果が望めないというのなら、切るのも一つの方法かもしれませんね。

病院の先生は、ずっとしゃろむちゃんの様子を見ているわけではないので、飼い主さんが一番しゃろむちゃんの体調のこと、わかっていますからね。

後は、ゆきたんさんが、しゃろむちゃんの様子を見ながら、判断していけばいいと思います。

しゃろむちゃんの犬種って、わかりませんが、しゃむろちゃんみたいな顔立ち好きです。v-238
かわいい顔してますよね。
表情からも、とてもかわいがられて育てられているのが、良くわかります。
幸せそうで、穏やかな表情をしてますよね♪

先日のるあちゃんの日記を読んでいて、ふと思い出したエピソードがあります。

鳥を飼っている漫画家の人たちが日常のエピソードを漫画にした「インコ倶楽部」とか「鳥っこ倶楽部」とかご存知ですか?
その中に、さくらまこさんが描いている「のんこ亭」と言うのがあります。
その方は、ヨウムののんこちゃんやアカボウシインコのまやちゃん、ほかに小桜やウロコを飼っています。

どの本に書いてあったのかは忘れましたが、あるとき、1週間ほど仕事で家を留守にしたそうなのです。
1週間ぶりに我が家に戻ると、ラテン系のまやちゃんはウキウキして、喜んで迎えてくれたそうなのですが、のんこちゃんは、怒って1週間ほど、口をきいてくれなかったそうです。

この2羽の正反対の出迎え方、なんか考えさせられちゃいますよね。
感じ方がまったく逆ですからね。。。
2012/10/13(土) 23:24 | URL | ふうちん #X3KIjpaA[ 編集]
No title
お薬やめられて大正解です。るあちゃんの免疫力を高めるには、やっぱり太陽光が一番。次に生きたシードと毎日の果物!これにつきます。ペレットは身体が成鳥になるまで、まだまだおやつ程度で十分かもしれませんね。

足がとれてしまったのも、ぬり薬が原因ですね…。セキセイは脂粉が少ないので、疥癬や火傷で多少塗り薬をぬっても足がとれてしまうことはありませんが、ヨウムの場合は足に塗り薬を塗ると脂粉の上からサランラップをまくのと一緒で、脂粉の出を悪くする(脂粉がつまる)事で、その部位が痒みを伴い(水浴びをしないヨウムは毛引きになりやすい=脂粉が皮膚に張り付いてかゆみを伴う)、薬の副作用でさらに足が痒みと熱(もしくは塗った部分の皮膚が壊死する事で脂粉の出が悪くなり)を持つ事で、その痒みがさらにましていき、皮膚をもぎ取って(蚊にさされた時に人が自分の皮膚を掻きむしる行為とよく似ています)も痒みがとれず、さらに上から薬を塗ることで、細胞そのものが時間をかけてどんどん壊死してしまいポロッと指が簡単にもげてしまうということはよくあるようです。

なので海外のヨウムの保護団体(治療にあたるチーム)は、保護して怪我をしたヨウムには薬は使わず、エリカラだけをつけて自然治癒にまかせる。ケージは外に出しっぱなしで太陽光を浴びせ続ける。ふんだんに果物やシードを土の上にまく。

以上の事はしないみたいです。

幼児用のステロイドも皮膚の表面をガサガサにして細胞を殺してしまいます。
それが今回は長期間に渡ってしまったせいで、ステロイドが皮膚の奥まで浸透してしまい、細胞そのものが壊死してしまったんですね。

ただ、お医者様はこんなことをいうと自分に非があることになるので、あくまで自交の原因はストレスだとおっしゃるかもしれませんね。

もう過去は振り返らず前をむいてですね。
お薬お止めになられた事、本当におめでとうございます。v-20

PS 乳酸菌のサプリは増やしてもあまり効果はありません。
差し餌に耳かき程度毎回いれてあげるだけで十分ですよ。
あまり入れすぎると下痢になってしまう鳥さんもいます。
ヨーグルトを食べ過ぎた幼児が下痢をするのと同じような感じです。

またおせっかいじみたコメントで、もう本当にv-12v-26
すみません…。
「サプリの増量」という語彙がちょっと気になってまた撃ち落されてしまいました…。ではまた~
2012/10/14(日) 23:18 | URL | ぽこ #27Yb112I[ 編集]
No title
ん!?

わわわ。
寝てもさめても起きてから寝るまで頭の中が鳥一色、大の鳥好きなもので、わんちゃんの記事がいつも気になって頭の中から離れないるあちゃんに見えてしまっていました。

もう、おっちょこちょいといいますか。
全く参考にならないといいますか。

不快であれば削除しておいてくださいねv-12v-26
2012/10/15(月) 20:33 | URL | ぽこ #27Yb112I[ 編集]
ふうちんさま
しゃろむのこと褒めていただきありがとうございます。しゃろむはミックス犬ですのでこれと言った血統ではありませんが、しいて言えばコーギーのような短足胴長で耳デカわんこです。モンゴル犬みたいと言われたことがあります(そんな犬種があるんですね)。

5月にステロイド肝炎になりもう薬は限界と感じていましたが、るあの面倒を見て下さっているオーナーさまの勧めもあったのと、もともと夫婦でも今の治療の在り方に抵抗がありましたのでそうすることにしました。

リスクが無くはないので不安もありますが、それは服薬していても付き物ですし、治療治療と神経をピリピリさせているのもお互い疲れますので、これからはのんびりゆったりといこうと思います。

ヨウムちゃんのエピソード、考えさせられますね。「とりあたま」って言われますが、そんなこと嘘ですね。うちの昔飼っていたセキセイも、たまにしか帰らない大嫌いな兄を見ると、頭をかがめてびくびくしていましたから、それだけ記憶力も顔色もうかがっているんですね。

るあがわたしを見て慕ってくれつつも毛引きするほどの感情を、これからどう受け止めて処理してあげたらいいのか課題ですが、今までの間違った接し方は改めていきたいと思います。ふうちんさまをはじめ、みなさまのコメントがとっても参考になります。

どうかこれからもよろしくお願いします。
2012/10/15(月) 20:46 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
ぽこさま
るあの症状に対するコメントありがとうございます。このコメントを読んで良い意味で衝撃を受けました。ぽこさまは獣医療関係のお仕事か資格があるのでしょうか。こんなことを言ってはまた後ろ向きな意見になりますが、昨年の発病時だったらと思うと残念でなりません・・・。といっても今はるあも回復してきているので、悪いことばかり考えずこれからのことをるあのために整えてあげたいと思います。

ぽこさまの仰る通り、今お世話になっているオーナーさまは、るあを預かってすぐに薬や包帯の処置等を止めることを勧められ、傷に関してはエリカラのみでの対処とされました。その結果みるみる壊死の傷口は治癒していきました。今までのことって何だったのでしょう。。。一応病院の先生に聞きつつ行ってはいましたが、先生ですらぽこさまの言われることはご存じではないということなのでしょうか。

ちなみにるあに与えていた乳酸菌のサプリは今はあげてはいません。これもオーナーさまの意見を参考にしているのですが、るあのような摂食障害がある鳥にとって好みで無い味のものが食事に混ざると、食欲が阻害されるようですので。

しゃろむは「ニューダイヤキング」というサプリの摂取量が1日3袋を目安と言われたので、今回ステロイドを中止する関係で増量してみました。

不快だなんてとんでもないですー。ぽこさまのご意見、このコメントを読んでくださっている方々もかなり参考になるのではないでしょうか。今後るあと同じような症状の鳥さんのために永久保存版にしたいと思っています。

どうかこれからも応援よろしくお願いします。
2012/10/15(月) 21:07 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
No title
こちらのサイトへはブログ村から最近訪問させていただきました。

もう少し記事を早く見つけることができていれば、と私も悔やまれて仕方ありません…。わたしは獣医ではありませんが、物心ついた頃からどこをみても鳥、鳥、鳥の生活をしてきまして(母が大の鳥好きで)、大きな鳥さんから小さな鳥さんまでずっと見てきました。だからか、鳥が何をしゃべっているのか、なぜそうなるのか、ほぼ分かってしまうような人間に育ってしまいました。

ただ、獣医ではないので、鳥の手術をしたり、処方箋を出したりする事は出来ませんが、一緒に暮らしてきた事のある鳥の事なら、もう手に取るように愛おしくらい◯☓△なんです。

早くママと一緒に暮らせる日が来るといいな~と応援しています。

PS
その獣医さんはヨウムを飼育した事がないんだと思います。
また、本だけの知識で補い切れない知識を想像する力も乏しいようです。
たぶん、一般的には鳥といえば、鶏などの家畜と呼ばれる鳥を対象として今回どうやら治療にあたられたようですね。

著名な獣医であれば、怠慢。勉強不足。
未熟な獣医であれば、実験的に、犬や猫と同じ感覚でやってみようか?的な感じでの対処方法をされたようです。

ただ、裁判で訴えるといっても、薬の処方をする時にはいつも「どうしますか?やってみますか?」という質問がママになされる上で薬を使用するかしないかは飼主側の判断に委ねられていたと思いますので、結局は薬を処方したものの、その薬を使用するかどうかは飼主が決めてきたのであり、自分は悪くない!という事を言い出すのは目に見えて明らかです。

http://park2.wakwak.com/~toucan-bh/
http://growwing.jp/
http://www1.odn.ne.jp/sac/

こちらURLの3病院だったら今後るあちゃんの強い味方になってもらえると思います。お近くでしたら是非行ってみてくださいね。

仮に、このURL上にある病院内でこんなズサンな治療をるあちゃんにしていたら大問題ですが…。v-12v-26
2012/10/16(火) 20:18 | URL | ぽこ #vZ8/ezjk[ 編集]
ぽこさま
再度のコメントありがとうございます。
ぽこさまにように本当に鳥さんの気持ちが分かる飼い主なら、るあに対して間違った対処をすることもなかったかもしれません。間接的ではありますがこうしてアドバイスいただけるのは、とっても勉強になります。

先生のことはわたしの方からは特に何かを申し上げることはできません。先生なりに尽力して下さりいろいろな面に関してもお力添え下さったのは間違いのないことですので。先生にとってもるあの症状は今まで診たことがないものでした。
ただ今後はるあの精神的な負担(先生が苦手なので)を考えますと、オーナーさまのお世話になっている先生に診ていただくのがベストなのかと感じます。

ぽこさまが先のコメントで言われた症状はまさにるあに当てはまるものであり、3つの病院へ行きましたが、どこも指摘されませんでした(今までの経緯や対処の仕方はお伝えしていたのですが)。

鳥専門の病院だからと言っても、まだまだこの世界は分野的にも年代が浅いのでこれからなのでしょうかね。わたしのブログは全く拙いですが、このブログ内でコメントして下さる方々の知識やご意見は大いに参考にしてい欲しい限りです。

どうかこれからもご意見いただければと思います。応援よろしくお願いします。
2012/10/16(火) 21:45 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面