FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

そのう炎?

心配していただいていましたしゃろむですが、見た目にはほぼ全快しています。火曜日に病院へ行ってきましたが、血液検査では、まだ肝臓の数値が正常値のほぼ2倍程度あるので引き続き薬を飲むことになっています。でも元気は復活していますのでご安心を。
120518_2127~01

でもなんと!驚いたことにあんなにステロイドを飲んでもあまり効果の無かった血小板の値が、今回は17.5!これは基準値を上回った値です。何としたことでしょうー。飲ませている量はリバウンドを防ぐために飲ませているほんの気持ち程度の1錠だけです。

やはりこれは皆様のお祈りと応援が神様に届いたと言うしかないでしょうか。あとコメントでアドバイスされました通りヨーグルト(自家製カスピ海)を与えた事とか。何はともあれすごく嬉かかったです。これがずっと継続されてくれれば良いですねー。
120518_2147~01


るあの方はと言うと、最近給餌中の吐き戻しがあり、特にこの1週間ばかり嘔吐がきついので先生に相談してみると、もしかしたらそのう炎かもしれないとのこと。とりあえず挿餌の量を5cc減らしてみて様子を見て続くようなら吐き戻したものを持ってきて下さいといわれました。
120518_1932~01


これはちょっときついです。ただでさえ体重を維持させるのが難しいのに、餌の量を減らすことはかなりわたしにとってはストレスです。今1日3回で済んでいたのに回数を増やさないと維持できないですので。
案の定ここ3日間ばかりの間で体重が20g近く減っちゃいました。。。吐き戻しは酷くは無いですがまだ少し残っているので様子見です。

昨晩いちいごをたくさんいただいたのであげてみましたが、いやいやされて食べませーん。。。まだ気が向かないようです。

最近の足の様子ですが、壊死もしくはミイラ化(表現が過激ですみません)している状態と書きましたが、このごろどうもそうではなく、かさぶた(正確には違いますが)が上へとずれていって脱げそうになっているようです。今までじゅくじゅくしていた皮膚もうすっぺらな状態ではありますが新しく皮膚ができて覆っています。これがこのまま自咬せずにきれいに治ってくれれば良いなーです。

以前コメントで紹介いただいた本「障害犬タローの毎日」読みました。四肢と尻尾の壊死という鳥と犬の違いはありますが、大変な病気を背負った太郎とお世話する周りの人々の交流に心が温かくなりました。何といっても太郎の愛くるしくて生き生きとした表情が良いですね。太郎もそうだしうちのるあもですが、未だにこうした病気の治療が難しく、原因不明だということで早く効果ある治療法が見つかることを望みます。
120518_1933~01


いつも応援ありがとうございます。これからも2匹のこと見守りよろしくお願いします。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
そのう炎??
しゃろむちゃん、平常モードに戻ったようで何よりです。一安心ですね。

るあちゃんはそのう炎ですか?うちで飼っていたセキセイたちは雛のころ健康診断に連れて行ったら、2羽はそのう炎といわれ、1か月くらい薬を水に溶かして飲ませていました。その後も健康診断の度にそのう炎の検査は通院時にしてもらってましたが、一人餌になってからはそのう炎になることはなかったように思います(糞便検査で菌が多いと診断され、投薬されたことはよくありました)。そのう炎の場合、そのうからそのう液をとって検査すると思うのですが、検査はされましたか?
セキセイがそのう炎のときは、糖類が含まれているような餌以外の食物(果物も含め)はあげないように言われたと記憶があります。そのう菌が増えるらしいです。

るあちゃんは他の鳥さんには興味は示しますか?他のヨウムの映像や鳴き声や餌を食べているところ等見せたらどんな感じなのかな、と思ってます。信頼している飼い主さんの行為か、自分を鳥(ヨウム)と認識している場合は仲間の鳥の行為を真似することがあるんじゃないかな、と思っています。
体重のことも心配ですが、前回、今回のるあちゃんの写真では、赤みを帯びた皮膚の腫れがなくなっているように見えました。ゆきたん様の看護、応援しています。
2012/05/20(日) 10:26 | URL | きょろ #Utv9woxY[ 編集]
きょろさま
そのう炎かどうかはまだ確定されていないんです。挿餌の量が多いだけなのかもしれないので15cc強ほど上げていたのを10ccにしてみてくださいと指示されました。どうしても多めに上げがちですが・・・。

毎回診察で糞便検査をしており菌は見つかっていないのと今まで何か気になる症状が出るたびに抗生剤を飲ませていたので、そのう炎は考えられないと言われてきています。ただ横浜の病院のあとしばらく強く症状が出たのはきつめの抗生剤が処方されたのでそのせいではと言われ、もとの抗生剤に戻したら症状が治まってきていましたが、完全ではなかったです。

1回だけ以前行っていた病院でそのう検査はしたことがありますが、異常はありませんでした。今度木曜日に診察なので検査をしようと思います。

糖類も以前2~3ヶ月くらいの期間、まだ給餌になれていないころ、無添加のジュースを混ぜていましたが、今はしていません。でもやはり挿餌の子はそのう炎になることが多いと本やネットで見たことがあります。

るあが他の鳥さんに興味があるかどうか、、、分からないですねー。そういう映像があればいいのですが。ネットとかでありますかね。TV(大画面だから?)を見せたら怖がっちゃいましたが、PCくらいならどうでしょう。

皮膚のほうは最近ぼろぼろと剥けることなくつるつるになってきました。若干まぶたの辺りがくまっぽくなっているところはありますが、良くなっていると思います。

いつも専門的なことを教えていただきありがとうございます。勉強になります。応援もこれからもよろしくお願いします。
2012/05/20(日) 14:55 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/20(日) 17:15 | | #[ 編集]
鍵コメさま
コメントありがとうございます。メールも拝見いたしました。またお返事させていただきますので、お待ちくださいね。
アドバイスもありがとうございます。
2012/05/20(日) 17:52 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
しゃろむちゃん
こんばんは。しゃろむしゃんのことが心配でネットサーフィンしてるこの頃です。でも、直接的な治療方法とかはヒットしないんですよねえ。症例が少ないんでしょうかね。ネットでブラブラしてたら、しゃろむちゃんの病気とはあまり関係ないのですが、犬飼いでもないのに思わず読み込んでしまったサイトがありました。↓
http://www.susaki.com/qa/index.html

ヨーグルト、良いみたいで良かったですね。納豆とか旬のお野菜も良いかなあ、なんて素人ながら思っちゃいました。おやつ代わりに。

るあちゃん、皮膚が出来てきているのでしょうか?読んでいてすっごく嬉しくなっちゃいました。このまま回復してくれ~って感じです。

吐き戻しは心配ですね。そういえば、るあちゃんの理想の体重は何グラムくらいなのでしょうか?それと、痩せすぎで危険な体重は何グラムくらいなのでしょうか?先生は何かおっしゃってましたか?病気の子の体重減は本当に心配ですけど、るあちゃん、以前よりは体調も良いようですし、最近の状態が許容範囲内の体重の減少であれば、あまりストレスに感じられなくても大丈夫じゃないでしょうか。(もしそうじゃないならゴメンナサイ) ゆきたんさんが心配な顔してると、るあちゃんもゆきたんさんを心配しちゃいますよ。ゆきたんさんがニコニコしてると、るあちゃんもニコニコしてるでしょう?吐き戻しは本当は心配ですけど、許容範囲内なら・・・

ゆきたんさんの行き届いた看護にはみなさん脱帽されてると思います。素晴らしいママ&看護師さんがそばにいるんだから、るあちゃんの吐き戻しもじきによくなりますよ。きっと。
2012/05/22(火) 20:14 | URL | じゅごん #32F.ckGc[ 編集]
じゅごんさま
しゃろむのこと心配いただきありがとうございます。仰る通りこの病気は根本的な治療法がなく、血小板の数値をステロイドもしくは免疫抑制剤で上げるといった治療しかないようです。また免疫抑制剤も確実ではなく副作用もあります。

ヨーグルトは昔食べさせていたのですが、そのころはまだ血液検査もしたことが無いので、実際ヨーグルト効果かどうかは分からないですねー。でもこれ自体は良いものなので続けていこうと思います。

納豆は血液さらさら成分があって、万が一出血を起こした時止まらなく可能性があるので、良くないと先生から言われちゃいました。。。しかも食べさせた後すごい口の臭いなんですー。

るあの皮膚も薄皮ではありますがついてきました。みなさまの思いが神様に通じたんですねー。あとは自咬しないようにと願うばかりです。

吐き戻しですが、程度はそれほど強くは無いですが、やはり今まで無かったのに続いているので心配ですね。

適正体重は430g前後だと思います。今は足にあまり体重がかからないようにということで420gほどでと言われていますが、減るのはあっという間に1日で20gは減っちゃうので余裕をもちたいですね。

一時は340g台まで落ち込んだのでさすがにその頃は竜骨が浮き出てがりがりで生気が無かった感じです。今は1日4回の挿し餌にして何とか420g台をキープしているところです(一時は6回していました)。

るあの前では最近にこにこできるようになりました。でも気を抜くと考え事をしてしまい、るあに話しかけられることしばしです。わたしの方がるあから元気をもらっている状況です。

わたしだけではなく、家族の協力もそうですし、じゅごんさまをはじめみなさまの応援があるからがんばっていられます。これからもアドバイス&応援よろしくお願いします。
2012/05/23(水) 21:08 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面