FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

行ってくるね~

少し聞こえづらいですが「行ってくるね~」としゃべってくれています。

[広告] VPS


頭の羽がまだらにはげて、禿鷹みたいです。。。でもつくつく毛がいっぱい生えてきているのでそのうちきれいになる思います。

昨年はほとんど羽が抜けませんでしたが、今年はかなり抜けています。環境を暖かくしているせいもあるのでしょうか。

今日はわたし達夫婦の10年目の結婚記念日、明日はわたしの4△歳の誕生日、24日はるあの3歳の誕生日です。昨年の今頃は発病していたので、闘病生活に力を注ぎ、今年も何も特別なことができずにいます。もう1年が経つんですねー・・・。
なんとか今年は暗い出来事から脱出したいです。

最近は一人で部屋にいてても鳴いてくれる時間が多くなりました。たまに「ポニョ」を口笛で吹いています。

これからもみなさまの応援よろしくお願いします。




ペット(犬) ブログランキングへ

ペット(鳥類) ブログランキングへ

ペット(鳥・その他) ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
ルぁちゃんの声、かわいいですね。
こんにちは!

結婚記念日おめでとうございます!
10年ですか。
でも、まだ40代とはうらやましい!
私はもう50代後半です。

るあちゃんの声は何てかわいいのでしょうね。
そして、流石、ヨウムさんって感じですね。
いっぱいおしゃべりをするってことは
るあちゃんは調子がいいのでしょうね。

「るあちゃん! うちの大ちゃんも
 もう一年半も病気と闘っているんだよ。
 でもね、るあちゃんと同じでとっても元気なんだ。
 よくなっていくの、競争だよ!
 なんか食べたいものはできたかなあ~?
 南瓜が好きなんだよね。
 他のナッツはダメかなあ~?
 ちょっとでも口にしてみてほしいなあ!
 またおしゃべり聞かせてね。」
2012/04/20(金) 18:09 | URL | ミッチ #-[ 編集]
ミッチさま
祝福のお言葉ありがとうございます。なんだかんだと言いながら10年を迎えることができました。周りで支えてくださる方達のおかげです。

ミッチさまもまだまだお若いですよー。お互い元気をくれる子どもたちがいるおかげでしょうか。

るあも内臓には問題ないし、精神的にも調子が良いのでこれで食欲も徐々にでも戻ってくれたらと思います。せっかく頂いた落花生は食べてくれませーん。。。。飼い主だけがおいしく頂いています。

毎度同じ内容の動画で恐縮です。大ちゃんみたいになにか特技があればいいですけど。

いつも応援ありがとうございます。
2012/04/21(土) 08:27 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
壊疽のこと
「るあちゃん、行ってくるね」って言ってますね。ほんと、かわいい声です。ダミ声のヨウムさんのおしゃべりも聞いたことありますが、強面のヨウムがこんなかわいい声も出せるんだと感心してしまいます。
だんな様の協力・理解もあってるあちゃんの看病が続けられていることと思いますので、うらやましいです。
ご夫婦でも、もともと双方が鳥好きということで一緒になったのでもなければ、なかなか理解が得られない場合あると思いますので。

ところで、前回の更新で書かれていた内容を読ませてもらって、思ったことがあります。脚の壊疽⇒人間の場合は糖尿病になると、足の火傷、水虫、靴ずれ、などによる傷や感染症が悪化して、「潰瘍(かいよう)」や
「壊疽(えそ)」になりやすくなるということがあると思います。『壊疽は感染症あるいは血栓症などによる虚血を原因とし、血栓症は一般に決定的な血液供給の不足の結果として出現し、糖尿病や長期間の喫煙に関連する。壊疽のほとんどは下肢に出現する。壊疽の最も有効な治療法は原因器官の血行再建術であり、回復を示すことがある。他の治療法はデブリードマンや外科的切断である。治療法は壊疽の位置、組織障害の範囲によって決定される。』と、とあるサイトに出ていました。人間の糖尿病性壊疽とるあちゃんの症状を関連付けるのは全く的はずれな話かもしれませんが、鳥も人間も壊疽の原因は共通して血流/血管障害を起こす原因となるものがあるように思えるのですが。
るあちゃんのような症例は他にもあるのでしょうか?今の病院もしくは、横浜の病院の先生は何かおっしゃっていましたか?壊疽の進展と脚の切断の件は本当に深刻な話で、今後、壊疽がどうなっていくのかを見守るしかないのか、心が痛みます。でも、少しでも、るあちゃんとゆきたん様がHappyな時間を共有できるようにすることが今できる最善のことのように思います。まとまりなくなりすみませんが、脚の壊疽から連想したことを思いつくままに書いてみました。応援し続けています。
2012/04/21(土) 10:48 | URL | きょろ #Utv9woxY[ 編集]
きょろさま
主人は、るあが病気になって症状が悪化するなか3交代勤務にもかかわらず、夜中でも包帯の処置が必要な時は助けてくれます。家族とは言いながら感謝です。

るあの症状についていろいろと調べてくださりありがとうございます。壊死については今の先生も、横浜の先生も正直解らないのが現状なのではないでしょうか。治療法が無いといったところです。現状維持できればいいところ、壊死が進んでも手の打ち様が無い状態です。

壊死の原因も人間なら検査で調べられますが、鳥といった小さな固体では特定できない、できたとしてもやはり治療ができないといった感じです。

血流障害の疑いもあると先生は仰っていましたが、仮にそうだったとしても治療法はないようです。今の鳥獣医学では限界なんでしょうかね・・・。
それでもまたくどく手術でもなんでもできないか聞いてみるつもりです。

いろいろと知恵をいただき恐れ入ります。このブログでいただく意見で思わされたり参考にして先生と相談したりすることも結構ありますので、また何かありましたらよろしくお願いします。

いつも応援ありがとうございます。
2012/04/21(土) 21:12 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面