FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

ほんの少し種食べるようになりました。

1ヶ月も放置してしまいました。2匹はがんばって治療中です。

るあですが、残念なことに右足の指はすべて欠落してしまいました。筒状の包帯をつけるのですが、処置はし易くなりました。

先週仕事を終えて帰宅してまずるあの様子を見にいくと床が血だらけ・・・。いつもの自咬かなと思ったら、指の無い方の足のストッキネットがはずれて覆っていたかさぶたを引きちぎっていました。急いで処置しようと思いましたがいつも主人と2人がかりでしていたので手こずり、、、。
一人でタオルで保定したものの何度も顔を出しては攻撃してくる。わたしを攻撃するならいいけど、自分の足を食いちぎろうとして、とうとう覆っていたかさぶた全部をとってしましました。なので骨が丸出し状態。。。
噛まれながらもなんとか処置しました。

20日の金曜日はるあの通院日で病院へ行って、そこでも足の処置をし夜になって様子を見たらまた自咬して出血していました。こういうことが日に何度かある場合があり、こちらも神経がけずられる思いがします。包帯6重にしてるんですけどね。

先生とも相談して、「パッチフラワーレメディ」もすることにしました。これはホメオパシー的なものであるので医療現場では薦めることができないと言う決まりがあるので、先生からも自己責任でと言われました。でも副作用とかは全く無いのもなので使ってみることにしました。

るあのために選んだのは食欲不振に効果のある「ゲンチアナ」、潔癖症等に効く(異常な羽づくろいがあるので)「クラブアップル」、自傷行為に効く「チェリープラム」です。

最近、一日ほんの数粒程度ですが、かぼちゃの種を食べてくれるようになりました。体重は少し減らしていったので空腹時420~30gです(一時は440グラム台のときもあった)。


しゃろむですが、残念ながら2錠では数値が安定せず、しばらく3錠で様子をみていたのですが、あまり思わしくなかったので、このままでは副作用の問題もあり、薬を免疫抑制剤にきりかえることになりました。今はステロイドと混合で飲んでいます。

しゃろむの場合、たまたました血液検査で病気がわかりましたが、今も何の症状も無いんです。皮下出血もないし。逆にステロイドを飲ますことでの多飲多尿や飢餓感が強く出てかわいそうなくらいです。もちろん病気を知らないまま過ごしていたことでの危険もあるかもしれませんが、こんど免疫抑制剤になったことでの副作用も心配です。長期にわたってステロイドを飲ませて事での影響だってあるでしょうし。服薬しても血小板の数値が安定するとも限りませんし。なんだかなーって思います。

がんばってる2匹にこれからも応援よろしくお願いします。

TS3Y0001.jpg
おや、るあちゃんがいませんねー、少しお布団めくってみましょう。TS3Y0002.jpg
ばあっ、るあちゃんいたー



ペット(鳥類) ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
がんばって!!!
はじめまして。
CAPさんのところからやって来ました。
1つだけ、どうしても伝えたくて。

動物は最後の最後の瞬間まで、全力で生きようとします。
介護する側がどんなに辛くても、キツクても、ずっと側に居てあげて下さい。
先代の子を亡くした時、私も自分を責めたり、運命を嘆いたりしましたが、出来ることは何でもしました。必死でした。自分の判断が最終的に間違っていたとしても、その十字架を背負う覚悟がありました。
今、病気と闘っているゆきたんさんとるあちゃん。
頑張ってと言う言葉は時に心を傷つけますが、それでも、頑張って!!!
心から応援しています。
2012/02/13(月) 10:05 | URL | つっくらぶ #-[ 編集]
応援ありがとうございます。
はじめまして、コメントありがとうございます。
正直この状況がいまだにしんどくて投げ出したくなりこともあります。毎日の給餌は今でこそ慣れましたが、窒息させたらどうしようとか、せっかく与えても吐き戻されたりとか大変な神経をつかいます。
わたししか世話ができないので、体調が悪い時とかでも、はってでも定時の給餌や包帯を変えなくてはなりません。

TSUBASAさんに引取りをお願いしようと何度も考えましたが、るあが健気にわたしに甘えてくる姿に、病気を含めてすべてを受け入れようと思いました。

確かにるあのために今のわたしの生活が制限されることはたくさんありますが、これもこの子を育てると決めたときからの運命とおもって背負っていこうと思います。

つっくらぶさまをはじめ、いろんな方に励ましをいただきすごく力強く感じています。どうかこれからも応援お願いいたします。
2012/02/13(月) 17:57 | URL | つっくらぶさま #TbPE.3DU[ 編集]
一緒に頑張りましょう!
去年の10月14日にコメント入れてしまいました。
ミッチと言います。
私も病鳥を看病しています。
一緒に頑張りましょう!
何か私にできることはないですかね。
こちらは東京の三鷹です。

バードシッターのようなこともしています。
メールいただけたら嬉しいです。
2012/02/13(月) 18:40 | URL | ミッチ #-[ 編集]
お互いがんばりましょう
ミッチさま、コメントありがとうございます。
病気の鳥さんは大生ちゃんですか?この時期通院大変ですよねー。
最初はうちも片道40分遠い。。。なんて思いましたが、最近では通いなれたせいもあってわけないです。車で行けますのでまだ良いです。

うちも採血しましたが、鳥は大変ですね。特にるあの場合、足が悪いので先生も苦労したみたいです。大生ちゃんも通院歴はながいのでしょうか。

こうして励ましてくださる方がたくさんいることが何よりの支えになります。これからも応援よろしくお願いします。
がんばりましょうね。
2012/02/13(月) 20:08 | URL | ミッチさま #TbPE.3DU[ 編集]
再度お邪魔します。
私も通院は片道一時間で乗り換え二回です。
慣れたといえば慣れましたが
生き物を連れているというのはとても疲れますよね。

ドウバネの大ちゃんは、もう一年以上治療しています。
ウロコのななちゃんは、羽にしこりがあり
経過観察中でダイエットも頑張っています。

愚痴をこぼしたいときはメールしてください!
お疲れがでませんように、どうぞご自愛くださいね。
2012/02/13(月) 20:52 | URL | ミッチ #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして。
わたしも、CAPつながりでこちらにやってきました。

我が家にはわんこ3匹。タイハクオウム1羽がいます。
一昨年11月、わんこが免疫介在性溶血性貧血になり、生死をさまよいました。その結果、左足首としっぽが壊死になり、切断しました。
でも、今は忘れるくらいとっても元気になって、義足をはいて散歩に行っています。

看病しているときは先が見えなくて、自分しか看護できないけどよくわからないままに責任が重くのしかかって、とってもつらい日々でした。でも動物は本当に一生懸命生きようとしています。どれだけ励まされたことか。また、お友達にも励まされ、動物病院の皆さんにも励まされ…

写真のるあちゃん、しゃろむちゃん、とってもいい表情でゆきたんさんの愛情いっぱいが伝わってきます。
どうぞこれからも、一生懸命生きようとしている2匹を守ってあげてくださいね。よくなることを祈っています。
2012/02/13(月) 21:58 | URL | けい #VOzumEs6[ 編集]
はじめまして・・・
こんばんは。
CAP!さんのところで、るあちゃんのことを知り、日記拝見させていただきました。

しゃろむちゃん、るあちゃんのお世話、本当に大変だろうな・・・と思います。

私は、初めてお迎えしたモモイロが自咬になってしまい、背中に大怪我をおいました。
攻撃は、背中ばかりでなく、足にもおよび、齧りながらその痛みに泣き叫んでいました。
それでも、自咬をやめようとしませんでした。
今では、洋服を着ているものの、すっかり落ち着きを取り戻しています。

しかし、2羽目にお迎えしたモモイロは、PDDというウィルスに感染していて、治療法がなく、24時間のうちに1時間以上に及ぶ手術を3回行い、どうにか乗り越えてくれたものの、病気が進行してしまい、9か月で命を落としてしまいました。
餌が食べれず、強制給餌をしていましたが、病気のため、そのうがペラペラで、細心の注意が必要でした。

そして、3羽目にお迎えしたモモイロは、PBFDを発症していました。
現在、近所に住む従姉の家に預かってもらい、毎夕お世話をしに通っています。
先日、インフルエンザで39度以上の高熱が出てしまいましたが、それでも、行かないわけにはいかず、根性で通っていました。

先の見えない闘病生活。
しかも、手元に置いておけず、毎日通わなければならず、辛い日々が続いています。

きっと、ゆきたんさんも同じように辛い思いをしているのだろうな・・・と思い、辛いのは私だけじゃないんだ・・・と、ちょっと肩の荷が下りたような、そんな気がしました。

明るい未来を信じて頑張りましょう。
2012/02/14(火) 00:02 | URL | ムーミン #X3KIjpaA[ 編集]
ミッチさま
1年以上の治療ですか。ながいですね。
うちもこの病気に関しては昨年の2月からなのでそれくらいになります。
電車での通院も大変ですね。この時期外気にさらされないように気をつけなければならないですしね。
通院は1羽づつなのでしょうか。どちらか交代でも時間的な面で大変ですね。

お気遣いありがとうございます。また近いうちにメールさせていただきますね。
2012/02/15(水) 00:39 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
けいさま
はじめまして、コメントありがとうございます。
わんちゃん、免疫介在性溶血性貧血のほうは継続治療中なのでしょうか。この手の病気って生涯ステロイドもしくは免疫抑制剤飲み続けなければならないのでしょうか。

うちはたまたま多飲多尿の検査から血液検査をして分かりました。血小板が異常に低い以外、皮下出血も紫斑もないし、元気そのものです。なので薬を飲ますことによる副作用が気になるくらいです。

先の見通しの無い状況ってほんと辛いですよね。足に関しては、壊死がこれ以上広がらないように手を尽くしているのですが思うように行かずもどかしいです。自分にのしかかる責任もほんと重いです。。。

ただるあ自身は最近は精神的には調子が良く、鳴いたりしゃべったりしてくれるのが救いです。

つたない飼い主ですが、できる限り2匹を守ってあげたいと思います。お祈りの応援ありがとうございます。
2012/02/15(水) 00:54 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
ムーミンさま
はじめまして、コメントありがとうございます。
ムーミンさまの話をうかがい、胸が締め付けられる思いがしました。1羽のみならず、3羽とも病気をかかえているなんて・・・。PDDは国内ではまだ2例ほどしか発症例がないと聞いていますが。

自咬って見ていてほんと辛いです。見ていられる環境ならまだしも、留守してる間に大出血起こしていることも数度あり、そばにいてあげられない自分を責めたりもしました。

通いの介護ですか。お手元において置かれない状況もせつないですね。でももう1羽のモモイロちゃんに病気が移ってしまったら大変ですしね。そういう気遣いも精神的にきついですね。

わたしよりムーミンさまのほうのが遥かに過酷な環境なんだと思います。先の見通しがつかないのはお互いありますが、ほんと明るい未来を信じてがんばっていきましょうね。
2012/02/15(水) 01:12 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面