FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

るあの指(その2)

るあの指ですが、あまり、というか全然思わしくないです。見た目もすべての指が根元から壊死してしまっているかのように見えます。枯れ木のように表面は茶褐色でボロボロしています。かさぶたが取れているだけだと良いのですが。。。

先週の金曜日るあの通院日で、足の処置をしてもらいました。ここの病院は鳥専門の病院ですが、犬猫も併設しています。獣医師は別ですがご夫婦で開院しています。奥さんが鳥の獣医師ですが、るあの足の処置は先生でも一人ではできないので旦那さんが応援に来てくださいます。しかもるあの場合、通常20分の診療時間を毎回倍とって診てくださいます。

るあの足は難治性の皮膚潰瘍っぽくなっており、かさぶたの下は化膿した状態がもう何ヶ月も続いています。この日は右足の分厚くなったかさぶたを剥がすか剥がさないかで先生方が悩んでいましたが、結局剥がすことになりました。こちらの足の親指も壊死しており、取れるのは時間の問題でしょうと言われてましたが、かさぶたと一体化した親指は剥がすとともに一緒にとれてしまいました。それが↓(苦手な方はスルーしてください)

↓ 











PAP_0072_20111202193804.jpg


意外と取れたあとの皮膚は血が出たもののじゅくじゅくはしていませんでした。あと本来後ろについているべき指が変形して両足とも前に来てしまっています。指の形もぐにゃぐにゃになってなぜか骨折してしまい固まってしまったのだそう。。。そんな指が数本、壊死は全ての指に及んでいるかのようです。

ただ最近のるあは自咬や狂ったような羽づくろいはなく、近づくと鳴いたりしゃべったりと元気にはなったように感じます。体重も一時の最低350g台だったのが、今はなんと!430g(空腹時)を維持しています。ただし自力では全く食べてくれませーん(泣)。

PAP_0069_20111202193804.jpg
差し餌中のるあちゃん(シリンジはのどの奥に突っ込みます)

来週の金曜日はまた通院ですが、この時に血液検査をする予定です。あとこの時にるあの足の指を手術で取り除くべきかどうか聞いてみます。このままもし壊死してしまっているのなら、くっつけたままで良いのかどうか分からないし、足の処置のしやすさの問題もあるので。

はげは最近は目立たなくなってきました、よかった、よかった、、、
PAP_0062_20111202193805.jpg
きれいになってきたでしょ?

家で足の処置をした直後。ルーズソックス(いや古いか)レッグウォーマーみたいでしょ?
PAP_0038_20111202193805.jpg


しゃろむですが、残念なことに、ステロイドを中止して様子を見てきましたが、数値が回復することなく下がり続けてしまったので、再度投薬することになりました。再スタートは4錠で始め、今は2錠で様子を見ていますが、もし最低量の1錠で数値が安定した場合、このままずっと1錠投薬させることになります。しゃろむはがんばってくれました。救いなのは今は何の症状もでてないし、元気そのものなので、このままずっといてくれればなーと願います。

PAP_0078_20111202210617.jpg

引き続きみなさまの応援よろしくです。

PAP_0074_20111202210618.jpg
よろしくです。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面