FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

みなさまのコメントに関して

いつもわたしの拙いブログを見ていてくださりありがとうございます。
文章はとってもはずかしく面白みに欠けますが、内容はとっても濃いです。何と言っても皆さま方からいただくコメントが素晴らしいです。
鳥飼いさんにとって、これから飼ってみようかと思われる方にとっても、大いに参考になることがあります。ブログ飛ばしてもコメントだけでも見てくださればと思います。


そんなコメントの中で、前回いただいた中に、るあの症状にほとんど一致するような内容がありましたので是非紹介させていただきます。

足がとれてしまったのも、ぬり薬が原因ですね…。セキセイは脂粉が少ないので、疥癬や火傷で多少塗り薬をぬっても足がとれてしまうことはありませんが、ヨウムの場合は足に塗り薬を塗ると脂粉の上からサランラップをまくのと一緒で、脂粉の出を悪くする(脂粉がつまる)事で、その部位が痒みを伴い(水浴びをしないヨウムは毛引きになりやすい=脂粉が皮膚に張り付いてかゆみを伴う)、薬の副作用でさらに足が痒みと熱(もしくは塗った部分の皮膚が壊死する事で脂粉の出が悪くなり)を持つ事で、その痒みがさらにましていき、皮膚をもぎ取って(蚊にさされた時に人が自分の皮膚を掻きむしる行為とよく似ています)も痒みがとれず、さらに上から薬を塗ることで、細胞そのものが時間をかけてどんどん壊死してしまいポロッと指が簡単にもげてしまうということはよくあるようです。

なので海外のヨウムの保護団体(治療にあたるチーム)は、保護して怪我をしたヨウムには薬は使わず、エリカラだけをつけて自然治癒にまかせる。ケージは外に出しっぱなしで太陽光を浴びせ続ける。ふんだんに果物やシードを土の上にまく。

以上の事はしないみたいです。
幼児用のステロイドも皮膚の表面をガサガサにして細胞を殺してしまいます。
それが今回は長期間に渡ってしまったせいで、ステロイドが皮膚の奥まで浸透してしまい、細胞そのものが壊死してしまったんですね。


正直こちらを読んだとき愕然といたしました。でももしかしてるあのような症状をもつ鳥さんの飼い主さんがおられるのでしたら知っていただければと感じました。

病院の先生を悪く言うことはできませんが、先生よりも実践的な知識や実績を持っておられる方がいることを、改めてしることができました。
今お世話になっているオーナーさまも獣医師ではありませんが、それに匹敵するほどの知識や対処法をお持ちです。

鳥専門の臨床関係はまだ日も浅くこれからなので、るあのような子が出ることがないように日々精進していただけることを願います。

そんなるあちゃん、なんと3日目から挿し餌を卒業して今は一人餌になったそうです。無我夢中でご飯を食べる様子をご覧ください。超感動です。。。
[広告] VPS

以前のようなたどたどしい食べ方ではなく、しっかりとお口に入っています。今は果物やシード、ペレットをまんべんなく食べているようです。

いつ家に戻すかの目途はまだたっていません。主人があまりにも仕事で忙しくお互いが時間が折り合わず、るあの環境つくりのための時間がとれていない状況です。
みなさまのあたたかい励ましや応援で、るあとの生活に向けて頑張っていこうという思いを強く持つことができています。

どうかこれからも応援、見守りいただければと思います。よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面