FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

抱っこがいけない理由

前回のブログのコメントで質問がありましたので、こちらで回答させていただきます。

このことは全てのヨウムさん(もしくは鳥)に当てはまるということではなく、
あくまでもるあにとってのこととお断りしておきます。

>この抱っこがるあにとっては良くなかったらしいのです。
⇒これってどうしてわかったのですか?
抱っこについてですが、各種の鳥さんによって性格や特技もありますし、
個体差があると感じます。ヨウムは主にスキンシップはそれほど好まないという考え方が
一般的だと思います。るあも以前はそうでした。

るあの場合、病気になりある時期から抱っこが平気になりました。
本来野生で生きていくうえでの必要な食欲の機能が失われて、自咬になり、
その原因を突き詰めたとき、抱っこが原因の1つだったのではという推測がありました。
(他にも原因はあると思いますので、こればかりではないです《強制給仕や投薬等》)

実際にオーナー様のお世話になり、治療以外に抱っこはさせない、
なだなでやカキカキのスキンシップのみで対応すると、自咬や食欲不振は治まってきました。

抱っこをせがむようになった原因としては、以前のおかれた環境にあったと感じます。
以前は個室でるあ独りきりでした。放鳥は朝晩1時間は行っていましたが、
それ以外の遊びというものが無く、るあにとっては満足できず寂しかったのだと思います。
隣の部屋でしゃろむと私たちが遊んでいるのをよくケージから覗いていました。

病気になったり、自咬になることでかまわれるようになり甘え癖がついたと思われます。
抱っこされているときが唯一独りぼっちから解放されると思い、
我慢していたのではないかと思います。

るあは独りぼっちの部屋に戻るのが嫌で、でも私のことは好きだからその葛藤があったようなのです。
オーナー様が傷の手当等以外、抱っこを極力行うのを止めたところ、自咬や毛引きも少なくなり、依存的な給餌も減ってきています。

>過去によっぽどショックなことがあったようで回復の途上らしいのですが、
⇒これもどうしてそのようなことが想定されるのでしょうか?
あくまでも推論ですが、通院や、先生との相性、治療での処置のトラウマが考えられます。
ブログではかいつまんででしか書いておりませんが、るあにとってやはり大変な所を通らされてきました。
家での処置も何度も辛い思いをさせています。病院での強制給仕や家での投薬、塗り薬も毎日が辛かったです。
それでも私のことを慕ってくれて複雑な心境だったのだと思います。

今は、転地療法で、たくさんの鳥に囲まれ寂しくもないし、嫌なこともされず、精神的に解放されているのだと思います。実際に食事も自力でし出し、遊んだり生き生きとしてきていますので。
ただわたしが会いに行ったあとはしばらく呼び鳴きをしてはいるものの、精神的に不安定になり、毛抜き、自咬が見られるので、昔の辛い過去を思い出しているのではないでしょうか。

>そんなに辛い目にあわせてしまった自分が情けないやら。。。
⇒るあちゃんの飼育に関して決定的な問題があったということでしょうか?
一番の原因は、るあを孤独にしてしまったということだと思います。
あと指摘されましたのは、幼児期のコミュニティの形成不全といったところでしょうか。
わたしだけがるあの世話を行い、遊び接してきたのが良くなかったようです。

家族が全員(しゃろむも含めて)家族として認識させ、接する必要があったということです。
るあがオンリーワンなのもここに深く関わっているものと思います。
人間も幼児期には愛情やコミュニケーションがより一層大切ですが、それらが欠如してしていたのではないでしょうか。

特にヨウムは、デリケートで感受性が高く洞察力に優れているので、初心者飼いの鳥さんではないとのことです。
(わたしはヨウムを初心者にも飼える鳥として見ており、依存心がない鳥と思い込んでいました。この辺りでもうかなりの間違いだらけです)

このように理解していますが、もしかしたら認識不足のところがあるかもしれません。
また鳥さんによっても違いがありますので全てではないと思います。

どこまでが正しくてOKなのかというライン引きは個体差があり難しいと思います。
わたしがお世話になっているオーナー様はそのあたりの見抜く目が優れた経験豊かな動物介護士様なので、他の飼い主様の信頼が高いのだと思います。

こんなところでしょうか。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面