FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

ごにょっています。

ここ2~3か月くらい調子の良いるあちゃん、はっきりとおしゃべりしたり口笛ふいたりするときもあるんですが、るあのいる向かい側の部屋からごにょごにょと何やらつぶやくように聞こえてきます。

そーっと足音忍ばせていくと、そこにはねころがったるあちゃんがけだるそーにつぶやいているんです。言葉にはならない寝言のような。下の部屋は義母なので、良く長電話しているのでその声を真似してるとか、わたしと主人が廊下で洗濯物を干しているときにしゃべったりするのでその話し声だとか。チャンスがあれば録音したいのですがなかなかですね。

最近の進展としては、足の傷が治った時に義足をつけるというお話があるというところです。できるかどうかは分かりませんが、人間の義肢を制作している企業さんにお話をもっていって、もう少し足の状態が良くなったら試作品をつくるかもというところにいっています。先方さんも鳥は扱ったことがないということですが、やってみたいと言ってくださっていますのでお願いしたいと考えています。ちなみに犬用の義肢は制作しています。

猫さんではこんな例があるんですね こちら

環境面ではやはり衣装用のプラケースではあまりにもまずいんではと思い、今現在業者さんに発注中です。冬の光熱費のことも考えて暖房効率の良い住居ができる予定です。2週間ほどでできあがるのでこうご期待です。

先週の金曜日には雨の中るあの通院へ行ってきました。今回は触診をじっくりしていただきました。触診は毎度するとかっていうようには決めてはなく(先生におまかせ)、るあのストレスも考えて診察していただいています。今回はそのうあたりも念入りに触っていただき、筋肉のつきも問題ないとのことでした。

しゃろむは今日通院してきました。ステロイドを止めてからはじめての検査で少しどきどきでした。昨年もステロイドを中断してから血小板が下がってしまった経験があるので心配でしたが、結果は14.2。若干下がりましたが薬を飲むまでにはいたりませんでした。なのでまた2週間ほど様子を見て通院検査です。

[広告] VPS


前回のブログのコメントで包帯関係の素材に関してアドバイスいただきました。ありがとうございます。とっても参考になります。
今現在の状況はまだ若干浸出液が出ていますが、それほど悪いというわけではありません。ただるあの足の場合、原因がはっきりしないので、じょくそうの治療法がいいのか、消毒しないほうがいいのかとかはっきりわからない中でしています。毎日試行錯誤でこの方法がいいかとか確信はありません。
「閉塞性血栓性血管炎」かもと先生に言われたりもしましたが、これも不確かですし、もし仮にそうだったとしても鳥に対しては治療法はありません。

でもめげずに頑張っていきます。応援よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面