FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

ごっそり取れちゃいました。。。

今日はるあの足の処置日。今は2日に1回の割合でしています。浸出液でどろどろしていたり自咬が激しかった頃は毎日していましたが、1時間近くかかることをひっくり返したままでいるのは、るあにとってもストレスなので今現在はこのスタイルでしています。

毎回、今日は出血していないかなーとか奇跡でもと願いながら、指が生えてこないかなーなんて祈りながら包帯を取ります。これも結構大変。ひっつかないガーゼをしているとはいえやはり多少は浸出液でこべりついているので薄皮が取れないようにと注意しながら、お湯で湿らしてふやかしながら剥がしていきます。

で、薄皮ができているほうの足の処置を終わり、最近まだ少し皮膚が剥がれたり浸出液が出てきたりするほうの足の包帯を取ろうと少しひねったところ、予想をしないことできごとが、、、。ごっそり包帯が勢い良く取れたと思った瞬間、分厚く覆っていたかさぶたが一気に取れてしまいました。びっくり。

足のほうはきれいなまあるい形になっていました。指が徐々にとれていった頃はいびつになっていましたが、それから3ヶ月は経ったので自然にきれいなかたちになっていました。皮膚はできているような感じではありませんが、このまま乾いてくれれば徐々にきれいになってくれるのではないかと思います。かかとからつま先の長さは今までの2分の1になってしまいました。

ペレットおじやですが、頻繁ではありませんが作っています。若干食べている感じです。うんちの色が濃いので。
今の課題は挿餌の量を減らしたら自力で食べてくれるのかどうかと言うことです。賭けでしかありませんが、もし何も身体的に異常が無く挿餌が多いために自力での給餌ができないのであれば挿餌の量を減らせば食べてくれるはずです。

ただこれも予想でしかないので、挿餌をまったくしないわけにはいかないので難しいです。しかもやはり一旦減った体重を元にも戻すのは結構大変なので。

*****
このブログを書いてしばらくした後、かさぶたの取れた足を噛んでしまったようです。出血させてしまいました。。。なんの覆いもないままで、うかつでした。
急遽シリンジでカバーをつくり包帯を巻いた足にかぶせました。これでくちばしが傷を噛むことはないと思うのですが・・・。せっかくきれいになっていた足に内出血ができてしまいました。ちょっとへこむ。。。

がんばっている、るあとしゃろむの応援これからもよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

ペット ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面