FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

るあの鼻の穴

TS3Y0029.jpg
コメントをお返しすることが遅くなってしまいスミマセン。なんせのらりくらりとした性格ですので。でもかならずお返ししますのでお待ちください。

今日のるあは昨晩の給餌から1回もうんちしていません。今昼過ぎの2時。大丈夫?新型乳酸菌飲んでるから詰まることないと思うんだけど、ちょっと心配。。。ためふん?

このごろるあの息遣いがヒーヒー言っていることがあって、よくよくみると鼻の穴詰まっているような感じ。ヨウムの鼻の穴を写真でみると黒々としているけど、今のるあは肌色で穴がふざがってる。もしかしてこれが原因で口呼吸してるのかな?

なので昨晩、るあを抱っこしたときに鼻の穴をるあの抜けた羽根の軸でカキカキしてみました。そしいたら激怒!まじ噛みされてしまいました。。。以前指があったころは爪でカキカキできたのに今はそれができないから仕方ないですね。顔をわたしがカキカキしてあげることはできますが、鼻の穴までは気がつきませんでした。でもどうしたら良いんでしょう。このままでも大丈夫ですかね。

前回のブログで「プロトピック」と新型乳酸菌をあわせて使用するかどうかについて書かせていただきましたが、治療している病院の返答は、プロトピックは「免疫抑制剤」であるので「ステロイド」より強力なこと、なのでお薦めできないとのことでした。ただ、もしるあの症状がアトピーではなく「壊疽性膿皮症」だった場合、話は別なので先生とも相談して使用するかどうか決めなくてはいけません。今度病院で細胞検査をしてもらおうかとも考えています。

最近どうも朝おきれません。。。今日は主人が日勤なので5時おきで給餌しておきたかったのですが、油断して主人と同じ時間に起きてしまいました・・・。今日はわたしも仕事がある曜日なのですが、たまたま仕事がキャンセルでなくなったから良かったものの、この時間での給餌スタートでは次回の予定にも影響が出てきてしまいます。夜中に緊急地震速報で起こされてのが尾をひいている?

今、訪問介護とショートステイのヘルパーを掛け持ちでしています。るあとしゃろむのためにほとんどの稼ぎはとんでいってしまう状況のなか、訪問介護をいったん退こうかと検討中。まだ決断しいてはいないですけど。やはり時間的なことですかねー。訪問介護は今現在、週1日の1回だけだし、はっきり言って収入的にはあっても無くても変わらないです。ただ今年で9年働いてきたので辞めるにはもったいないこと。籍だけ残しておいていつでも帰れるようにしておこうかなーと考え中です。

主人もいいよと言ってくれてるしありがたいです。ちなみに今まで仕事関係のブログはこちら

今日のるあちゃん、携帯カメラを向けると「あっ、はい、もしもしー、あっ、はいー」としゃべります。
TS3Y0026.jpg

うんち、写真を撮っている時しましたー。しゃろむの毛布の上に。。。

いつも応援ありがとうございます。応援のおかげでるあもしゃろむも元気です。



ペット(犬) ブログランキングへ

ペット(鳥・その他) ブログランキングへ
スポンサーサイト



気分は良いみたいです。

みなさまからたくさん励ましや情報のコメントいただいております。こうしてるあのこと気にかけてくださる方がたくさんいらしてくださること本当に感謝です。

実際にお話を聞いてくださった方もおられ、なんだか今の自分の境遇が大した事無いんじゃないかとも思えるようになってきました。るあのことこれからも愛していこうと思います。

そんなるあですが、最近は精神的にも安定しており、わたしの顔を見ては鳴いたりしゃべったりします。となりのしゃろむの部屋にいてても独り言をしゃべっています。この調子で肉体的にも回復してほしいです。

るあの足についての情報で、「じょくそう」について詳しく載っている動物病院のサイトを教えていただきました。
じょくそうケアについてはるあにも試しています。「ラップ療法」で傷口のかさぶたをきれいに剥がして生理食塩水で洗い、馬油を塗ってラップ保護してからアルミガーゼしていました。ただ難しい判断なのですが、傷口が化膿してないかどうか見極めなくてはならないこと。この治療をした際、傷口がすこしあかく腫れていたのですが、何回かラップ療法してみたところ、赤黒くなり出血が続くようになってしまったため、今はラップはせずに馬油を塗る対応でしています。抗生剤は10日間飲ませ、今は中止しています。

足の壊死は外傷ではなく内部的なものが原因ということなので、その症状が取り去られない限りおさまらないかもしれません。

これはわたしの憶測ですが、るあの足の症状はもしかしたら「壊疽性膿皮症」かもしれません。先生に確認したわけではないのですが、壊疽性膿皮症の治療にはプロトピックが有効だと言うこと。以前るあの治療にプロトピックを用いたところ劇的に良くなった経緯があるのでもしかしたらと思っています。

ただ、今現在新型乳酸菌を取り入れたアトピー治療をしているため脱ステロイドを行っていること。プロトピックは非ステロイドですが一応念のため、新型乳酸菌治療を取り入れている病院(人間の病院)へ問い合わせ中です。
もしプロトピックを使用しても大丈夫なようなら先生とも相談して再度使おうかとも思います。

******
ブログを通してある方からこんなすばらしいプレゼントをいただきました。

120227_1358~01
120227_1359~01

るあちゃんシールです。ちなみにお手紙やグリーティングカードにもるあの写真をプリントして下っています。
可愛いですねー。ミッチさまありがとうございます。ミッチさまも病気の鳥さんを抱えて大変なのにこのように励ましていただき感謝です。ミッチさまのブログでも取り上げていただいてありがとうございます。

そんなるあちゃんの元気な姿をどうぞ。

TS3Y0021.jpg
TS3Y0023.jpg
TS3Y0024.jpg
TS3Y0025.jpg
目がいっちゃてますねー。

いつも応援ありがとうございます。すごく励まされています。



ペット(犬) ブログランキングへ

ペット(鳥・その他) ブログランキングへ

ダウン。。。

わたしではないんです。主人が。。。今期風邪になるの3度目、どこまでひ弱なのでしょうか。

そうはいっても主人にも、るあの足の治療のための保定してもらわないとだめだし、お互い倒れられては困ります。なので今日も熱を出して寝ている主人を起こしてるあの足の治療をしています。わたし自身もこの間まで主人のもらい風邪でひどい鼻風邪をひいていました。今も鼻の中にヘルペス残ってるし。

るあの足の保護のために、「アルミガーゼ」という特殊な傷に引っ付かないガーゼをしていますが、どうしても浸出液で固まってしまいくっついてしまいます。剥がす時はガーゼをお湯でふやかしていますが、そうすると皮膚もふやけるので敗れやすく出血しやすくなります。

まだ指の残っている左足の処置をしている時、硬くなったかさぶたを剥がそうと小さいはさみで削っていたのですが、るあが暴れて動いたため、はさみの先端を指に当ててしまい出血させてしまいました。この指がまだ生きているのに驚き。だって何かに引っ掛けたらすぐ取れてしまいそうなくらい頼りないつき方ですので。

足には馬油をつけています。アトピーや皮膚疾患には効果があるらしいです。薬も抗生剤を追加してもらいました。


しゃろむですが、水曜日に通院して血小板の検査をした結果、数値は11.9といまいち。。。免疫抑制剤の効果が現れるまでもう少し時間がかかるみたいです。なのでステロイド2錠混合させたまま様子見です。

今頃の時期は本来ならワクチン接種を行うのですが、病気のためこれからは打つことはできません。そのため極力他のわんちゃんとの接触や散歩時の地面の臭いかぎも控えなければなりません。狂犬病の注射は打つことはできます。


CAP!さんつながりで多くの方がブログを読んでくださり、たくさんの励ましを頂いております。ありがとうございます。わたしなんかよりももっともっと大変な思いや苦労をしておられる方がいること、あきらめずにがんばっておられることを知り、わたしもまだまだやれることはしていこうと思いました。希望を持ち続けてがんばっていきます。

うちの場合、家のことはおろそかですが、主人も義母も全面的に協力してくれるので、るあやしゃろむの世話にあたることができ感謝です。


TS3Y0018.jpg
TS3Y0017.jpg
これ自分からもぐって被っているんです。決してやらせではありません。
ちなみにエアコン、パネルヒーター、ホットカーペットで暖房しています。


TS3Y0019.jpg
そのバナナ早くください

2匹の応援、これからもよろしくお願いします。



ペット(犬) ブログランキングへ

ペット(鳥・その他) ブログランキングへ

足の治療方法

るあの足の具合ですが、包帯で巻いているせいで通気が悪いからなのかどうかわかりませんが、以前より壊死もしくは浸出液でじゅくじゅくしている部分が広範囲になってしまいました。包帯で覆う前は両足ともに甲の部分はきれいな皮膚だったのに、包帯で覆うようになってから、皮がむけやすくなってきました。

かさぶたで覆われた部分の下は結局新しい皮膚が再生されてこず、いつまでたってもしょう液が出続けてその結果かさぶたが厚くなってくるだけなので、かさぶたを剥がす必要があります。正確にはかさぶたではなく、浸出液のかたまったものらしいです。なのでつまめば簡単にはがれます。

先生と相談して、人間のじょくそうの手当てと同じ方法を行うことにしました。きれいに傷を水洗いしてワセリンを塗りラップで保護します。
何回かためしましたが、ラップで巻くとどうしても滑って包帯が取れやすくなってしまう、、、うーん。。。しかもなんか傷口赤くはれ上がっている感じがします。なので市販のドルマイシン軟膏にきりかえて様子見。それでも赤みが続いているので塗るのをやめています。

パッチフラワーレメディですが、劇的な変化は感じられませんが、なんとなく激しい自咬や羽づくろいは治まっているように感じます。食欲は相変わらずありませーん。。。

CAP!さんの「今週のアイドル」に掲載させていただきました。気にかけてくださる方がたくさんいてくださり感謝です。励ましもありがとうございます。一人で孤独な思いで過ごしていましたが、同じような経験をしている方もおられるんだということを知り、がんばっていこうという決意をもつことができました。


だっこ
*むさくるしいねまき姿はスルーしてください。。。
頭の羽が抜けてぼさぼさですが、新しいつくつく毛が生えてきていますのでご安心を



しゃろむは水曜日に通院します。今はステロイドと免疫抑制剤を混合して服薬しています。副作用はなく食欲旺盛です。
TS3Y00080001.jpg
TS3Y00090001.jpg

るあもしゃろむも一生懸命です。これからも応援お願いいたします。



ペット(犬) ブログランキングへ

ペット(鳥・その他) ブログランキングへ
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面