FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

ほんの少し種食べるようになりました。

1ヶ月も放置してしまいました。2匹はがんばって治療中です。

るあですが、残念なことに右足の指はすべて欠落してしまいました。筒状の包帯をつけるのですが、処置はし易くなりました。

先週仕事を終えて帰宅してまずるあの様子を見にいくと床が血だらけ・・・。いつもの自咬かなと思ったら、指の無い方の足のストッキネットがはずれて覆っていたかさぶたを引きちぎっていました。急いで処置しようと思いましたがいつも主人と2人がかりでしていたので手こずり、、、。
一人でタオルで保定したものの何度も顔を出しては攻撃してくる。わたしを攻撃するならいいけど、自分の足を食いちぎろうとして、とうとう覆っていたかさぶた全部をとってしましました。なので骨が丸出し状態。。。
噛まれながらもなんとか処置しました。

20日の金曜日はるあの通院日で病院へ行って、そこでも足の処置をし夜になって様子を見たらまた自咬して出血していました。こういうことが日に何度かある場合があり、こちらも神経がけずられる思いがします。包帯6重にしてるんですけどね。

先生とも相談して、「パッチフラワーレメディ」もすることにしました。これはホメオパシー的なものであるので医療現場では薦めることができないと言う決まりがあるので、先生からも自己責任でと言われました。でも副作用とかは全く無いのもなので使ってみることにしました。

るあのために選んだのは食欲不振に効果のある「ゲンチアナ」、潔癖症等に効く(異常な羽づくろいがあるので)「クラブアップル」、自傷行為に効く「チェリープラム」です。

最近、一日ほんの数粒程度ですが、かぼちゃの種を食べてくれるようになりました。体重は少し減らしていったので空腹時420~30gです(一時は440グラム台のときもあった)。


しゃろむですが、残念ながら2錠では数値が安定せず、しばらく3錠で様子をみていたのですが、あまり思わしくなかったので、このままでは副作用の問題もあり、薬を免疫抑制剤にきりかえることになりました。今はステロイドと混合で飲んでいます。

しゃろむの場合、たまたました血液検査で病気がわかりましたが、今も何の症状も無いんです。皮下出血もないし。逆にステロイドを飲ますことでの多飲多尿や飢餓感が強く出てかわいそうなくらいです。もちろん病気を知らないまま過ごしていたことでの危険もあるかもしれませんが、こんど免疫抑制剤になったことでの副作用も心配です。長期にわたってステロイドを飲ませて事での影響だってあるでしょうし。服薬しても血小板の数値が安定するとも限りませんし。なんだかなーって思います。

がんばってる2匹にこれからも応援よろしくお願いします。

TS3Y0001.jpg
おや、るあちゃんがいませんねー、少しお布団めくってみましょう。TS3Y0002.jpg
ばあっ、るあちゃんいたー



ペット(鳥類) ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面