FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

入院その後

るあは8月6日に入院して13日に退院しました。入院時365gだった体重は1週間で424gまでになりました。そ嚢に直接フードをチューブで流し込むので栄養がいきわたるのでしょう。足の具合も見違えるほど良くなりました。

ただ悲しいことに自宅で病院と同等の状態を維持はできません。体重はぐんぐんと下がり381gまでになりました。入院時は全くなかった自咬や羽づくろいも家で再発してしまい、足の状態もまた悪くなりつつありました。悩んだ末に、ステロイドを使用することにしました・・・。今のるあのストレスをとってあげたいと思いました。先生も何も言わずにお薬を出してくださいました。

今は多少の足の突っつきや羽づくろいはありますが、落ち着いてきています。言葉も以前ほどではありませんが、しゃべってくれます。状態が良いということでしょうか。

ただステロイドも長く使用できるものではないので、状態をみて徐々に減薬していく方向です。これで副作用なく症状も安定してくれれば良いのですが・・・。


しゃろむもステロイド治療をはじめて1ヶ月経とうとしています。もともと多飲の多尿症なのですが、薬の副作用でさらに多くなりました。体重は1kg落ちました。腎臓にもすこし気になるところがあるので、9月に血液検査をします。

明るいことを書きたいのですが、こんな具合で2匹の闘病ブログになってしまいました。でももし同じようなことで悩む方にとっても参考になればと思い書き記します。

引き続きみなさまの応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



前々回の続き

前々回のブログの続きです。
7月29日の診察で、以前から先生と決めていた足輪をはずすことになりました。今のるあにとってかなりの負担ではありますが、足輪が食い込んで圧迫している状態なので良くないとの事です。

足を触るのでまた大量に出血する恐れもありかなり緊張しました。しかも出てきた工具は高枝切りバサミのようなおおきなペンチ!正直こんなアナログな方法でするとは思ってもみず、かなりたじろぎました。

るあについていた足輪はかなり太くて丈夫なものだったので2人で押さえ、1人が切るといった大掛かりなものでした。なんとか外れた足輪には、今までの出血でこべりついた血糊が付着していました。処置のため足もさらに血だらけでぼろぼろになってしまいました。。。

この日はプロトピック軟膏といってアトピー治療に用いる塗り薬をもらい、足輪をしていた部分は今までの皮膚潰瘍薬を、していなかった部分にプロトピックを塗り、足の症状の原因を突き止めようということになりました。
もし皮膚潰瘍薬が効くなら自咬、プロトピックが効いているようならアトピーやアレルギーの可能性があるとの事でした。

この日ぐちゃぐちゃの足になったるあは、やはり出血してしまいました。。。ただ少し違うのはあんなに皮膚が剥けてしょう液がにじんでいたのが、乾いてきているということでした。それは次に日になってさらにそうでした。
いままで薬では乾かすことができなかった皮膚にかさぶたができていたのです。でも自分で気にしてかじっちゃうこともありましたが・・・。

もしかしたら足輪による金属アレルギーもあったのかもしれません。鳥にアレルギーはないと言われていますが。

そんなこんなで1週間たち8月5日の診察を迎えるのでした。。。


人気ブログランキングへ

入院しました。。。

今日るあを入院させました。昨日の診察で触診や爪きり輸液注射のショックからか帰宅してから差し餌をほとんど受け付けず、先生と相談して決めました。

今まではいやいやながらも注射器でのど元に入れさえすれば飲み込んでくれたのですが、今は飲み込むどころかくちばしに着けただけで拒否反応で首を振られてしまい餌が飛び散る始末でした。わたし自身の体力・精神力も限界を感じ、病院でそ嚢に直接餌を流し込む方法でしかないということでしばらく預かっていただくことになりました。

最近では注射器ではあるものの自ら餌を求めてきたり、シードを食べたりしてくれていたし、足の傷も少し回復の兆しがあっただけにすごく残念で悲しいですが、病院での回復をまっていきたいと思います。

しゃろむも前回の血液検査から3ヶ月たったので病院で再検査していただきました。やはり血小板数値が下がってしまい、顕微鏡では確認ができないとのことでした。なので再度ステロイド投薬により経過観察です。やはり「免疫介在性血小板減少症」とのこと。こちらもこれから長い付き合いになる病気になるでしょう。

ただしゃろむの場合、血小板以外に止血させる血液成分があるだろうとのこと、というのもお腹や耳に内出血の紫斑が現れないからです。ただやはり日常生活で何かにぶつけたりさせない注意は必要です。

我が家の子供たちはみなおおきな病気に一生懸命がんばってくれています。今苦しいときですが治ると信じて希望をもっていきます。応援よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面