FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

がんばっています。

前のブログから随分と放置してしまいました。気にかけていて下さる方、申し訳ございません。この3週間ばかりの間いろいろなことがありました。病院へも行っていますし、様々な治療を試みています。目に見える効果がなかなかないですが、るあはとってもがんばってくれています。苦しい状況が続いてはいますが、希望を見失わないでいこうと思います。

すこしざっと経緯をお伝えします。

7月15日は通院日でした。この日で今まで行っていたマイコプラズマの治療は一旦終了となりました。ただ完治しているかは不明です。抗生剤をこれ以上投薬することが望ましくないとのことからです。検査はしていませんが、とりあえずひどくなってしまった足の治療に専念させようということになりました。

足の皮膚全体がむけてしまい、出血するまでになってしまいました。異常なまでの羽づくろいと自咬がおこっています。この日の診察では先生がるあの体を保定するのに足を触ってしまいかなりの出血を起こしてしまいました。止血専用の機械で出血部分を焼き、クイックストップでやっと止血できました。

この日はこれですみましたが、次の日の土曜日、夜しゃろむの相手をしてほんの15分程度目を放した隙に、自咬し出血した足でよじ登り、床とゲージが血だまりになり、しかもまだ出血したままでした。なんとかゲージから出し押さえつけてものの血は止まらず、とっくに診察時間は終わっていましたが、電話をし、留守電対応なので、ひたすら連絡待ちでした。先生から折り返しの電話で指示を仰ぎましたが、やはり出血の量が多かったために、緊急で見てもらうことになりました。たしか23時ごろです。

着いてすぐに輸液を注射して、塗り薬ももらいました。皮膚潰瘍用治療薬で「イントラサイトジェルシステム」と「ベテファリン」(動物用)です。
ただ、るあの場合つねに自咬している状態なのでせっかく皮膚膜ができかけてもすぐに剥がしてしまい、効果がありませんでした。

この間少しずつ小さな出血があり、わたし自身気の休まることがありませんでした。精神的にもかなりまいってしいまいました。

よじ登りで足を痛める危険があるためゲージにも入れてあげられず、衣装用ケースに入れています。これもかなりのストレスでしょう。ますます自咬が激しくなりました。

7月22日にはもう自分で世話する限界を感じ、入院も考えて先生に相談しましたが、今わたしが行っている内容をするだけのことなので、特別なことはできないとのお返事でした。ただいつでも入院、輸液は対応してくれるとの事なので、どうしても体力的、精神的に無理な場合は入院させようとおもいました。

ただかなり進歩したこともあります。あんなに嫌がっていた差し餌を自分から食べるようになりました!注射器の口にくちばしを寄せてせがむようになりました。時間的にもいままで30分~40分くらいかかっていたのが最短で5分程度、最近は10~15分程度で済ますことができています。少しづつではありますが、シードも食べてくれます。

長くなりますのでとりあえずここまで。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



体重が。。。

忙しくてブログを更新することもままならない状況です。先週の金曜日にるあの病院へ行ってきました。薬は従来のものに少し自咬症を緩和させる目的のものが追加されまいしたが、あまり効果はありません。咬みまくっています。。。私たちが見ているとしだします(1羽のときwebカメラで見るとあまりしていない)。なにか関係するんでしょうか。かまいすぎ?

足の自咬症の部分に新しい薬が追加されました。「キチンキトサン」っていって損傷皮膚を再生させる効果のある粉薬で幹部にふりかけます。「ヒルドイド」のクリームはがちがちに乾燥してしまった部分に塗ります。痛みや腫れにも効果があるそうです。1週間たちましたが、一応効果があり傷は乾燥してきてジュクジュク感はなくなってきました。でも結局は咬むので皮膚は剥けちゃいますが・・・。

ひらぺってくなる症状は大分なくなってきました。少しは痛みとかがなくなってきているのでしょうか。それでも時折しているので可哀想でせつなくなります。

最近体重が下降しています。今までもかなり厳しい状況なのに、ここにきてさらに体重が落ちつつあるとどうしていいのやらもう不安でなりません。差し餌も限界があります。薬を混ぜて差し餌していたのですが、かなりまずいらしく、注射器で押し込んでもすぐぐうぇ~と吐き出します。そうなると精神的にまいります。今のるあの命をつなぎ止めている手段なのでこれを拒否されるのは辛いです。ジュースを混ぜたりしてみて少しでも食べやすくさせようとはしてもだめ。32度の室内で汗だくになりながらの作業はかなりの疲労です。

先生とも相談して差し餌に混ぜるのではなく、フードは普通にお湯でといて、薬を少量の水で溶き差し餌のあとに少しづつ飲ませるようにしたら何とか食べてくれるようになりました。

それとここで痛恨のミス発覚。。。今まで6gのフードをお湯で溶かし大体量的に15~6CCになる量を1回につき上げていたのですが、これってヨウムのそ嚢の限界点らしいです。かなりあっぷあっぷ状態になっていたはず。人間もそうですが、一時にたくさんの量を食べても消化吸収が悪いのと同じで、鳥にとっても消化効率が良くない状況になっていたようです。1日のうち同じ量を上げるのなら、差し餌の回数を増やすほうが良いそうです。
どこまでだめだめな飼い主なんでしょう。。。がっくし落ち込む。

とは言っても仕事のあるときは日中できないし、、、。なので日によりますが、朝は5時に最初の差し餌をして最終は夜中の1時に終わるスケジュールをたて、休みの日は6回、仕事がある日は5回することにしました。正直からだがいつまで持つか分かりません。わたし自身が厳しい状況です。でも差し餌によってるあの体重が維持できるのならがんばるしかありません。

今度の診察まであと1週間、薬が変わることで食欲が出る可能性があるとのことなので、それに期待して、なんとかるあの体力を維持させていこうと思います。

応援よろしくお願いいたします。

しゃろむはとっても元気です。食欲もばっちり、夜は寝室で一緒にねんねしてます。わたしのスケジュールにあわせて朝は6時前にお散歩、涼しくっていいね。


人気ブログランキングへ
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面