FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

今日も通院しました。

月曜日の通院から間もないですが、今日もるあを連れて病院へ行きました。正直連れて行くのもストレスがかかりるあにとって負担になるのではと思うのですが、自己判断もできないので一緒に行きました。

前回の時もそうでしたが、糞便中の結晶はなかったとのこと。一応人腎臓系は落ち着いているようです。ただ肝臓系は以前のステロイド投与のこともあり、疑わしいとの事ですので引き続きインターフェロン治療を行っていきます。

体重は水曜日の最低ライン340g代から昨日の朝は363g、今日は370gと少しづつ増加しています。先生もそのところは評価してくれてうれしいです。まだ差し餌は続けなければいけませんが、徐々に戻していければと思います。

でも差し餌ばかりしていても、るあ自身、食べる意欲を持ってくれなければならないので、まだまだ心配です。昨晩は種数粒食べ、少しですが水を自力で飲んでくれました。

差し餌は毎日4回3~4時間おき(仕事があるときは7時間開いちゃいますが)に6~7gのフードパウダーをコーンポタージュくらいの濃度にして注射器でくちばしの横から舌の奥に差し込む感じで1滴ずついれます。慎重にしいないと気管に万が一詰まらせたら一瞬に死にいたります。毎度緊張しながら約40分くらいかけます。

今は見た目元気に見えますが、発声はありません。。。とても静かです。まだまだ不安定な状態に変わりありませんが、しゃろむにも影響があるので明るく振舞うようにしています。引き続き応援おねがいします。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



深刻です。。。

るあの状態ですが、先週の土曜日から一転してしまいました。金曜日に落ちてきていたものの体重380~90g代ををキープしていたのが、一晩で350gまで落ちていました。こんなに急激な減少は尋常ではないです。

ペレットは最近食いつきが良くは無かったですが、そのかわりシードはがつがつ食べていたし、食欲自体問題ないと考えていました。土曜日もシードは食べていたので様子見して、仕事があり通院できなかったので電話で指示を仰ぎました。

でも日曜日は全く食べなくなり、辛うじてりんごを食べてくれました。でも月曜日はりんご、水分すら取らない状態なので急遽通院し、両羽脇下に輸液注射しました。重病用パウダーフードももらい、注射器で強制給餌もはじめました。

通院から帰宅したあとめちゃくちゃ元気がなく、目もうつろ、微動だにせず、このまま逝ってしまうかと思いしばらく取り乱しました。何が良くなかったのか、あんなに元気だったるあが死に瀕していると思うと涙が止まりませんでした。

1時間ほどだっこしたあとゲージの止まり木に戻しましたが、やはり動かないまま元気消失。
食事を取らそうと思い2回目の強制給餌を19時ごろ行い様子をみました。

このあと痛恨のミス・・・。購入したフードがシーリングミスで穴あき発見。しかも既に2回給餌しているので、軽くパニック。動物病院も診察外で電話がつながらず。留守電にメッセージを残し、ひたすら連絡まち。なんとかつながり急遽21時過ぎに取りに行きました。

主人と話してもしかして3日間夜も電気つけたままだったから寝不足と思い、この日は消灯して眠らせてあげたら次の日の火曜日は少し活気あり。強制給餌の効果もあったのか分かりませんけど。
この日は朝から仕事なので、5時に起きて1回目の強制給餌。出勤前に2回目をこなし、帰宅後3回目。寝しなに4回行いました。ただ少し進歩したのは、薬入りのオレンジジュースを自力飲水できたこと、シードも餌入れから食べてくれたことです。

ただ今日の水曜日、体重計ったら340g代。。。強制給餌の量が少なかったみたいです。

こんな感じで、今るあは必死でがんばっています。まだまだ予断を許さない状況ですができる限りのことはしていくつもりです。がんばります。


人気ブログランキングへ

るあの容態

るあのその後ですが、何度か通院しています。前回のブログでの所見では真菌、つまり水虫の可能性が高いとの事でしたが、その後のシャーレでの皮膚の培養検査では真菌性のものではありませんでした。この時点で原因は特定できませんでした。ただ検査の結果、有効な薬として「ミノサイクリン」が効くとの事です。
PAP_0069_20110510224906.jpg

スミマセン、、、いろいろと説明されたのですが、あまりにも専門的過ぎて理解ができませんでした。。。あと肝臓が弱っている可能性が強いとの事です。もしかしたら最初の所見で処方されたステロイドの影響があるかもしれないとのことです。ただ塗り薬としてはステロイドは塗っても可だったので、炎症のひどいところにイソジンで消毒した後、塗り薬を塗布しし続けました。
PAP_0061_20110510224907.jpg

3回目の受診でマイコプラズマの検査結果で陽性反応が出てしまい、抗生剤や強肝剤、栄養剤、食欲促進剤(体重が40グラムも落ちたため。体重の1割落ちると鳥は要注意)、ネブライザー治療を行いました。マイコプラズマに関してはだいたい3ヶ月を目途に治療を行います。完治率は8割だそう・・・。

皮膚の炎症に関しては、いまいち分かりませんが、少しづつ良くはなってきています。

体重は少ーしづつではありますが、元に戻りつつあります。ネブライザーも週3日くらいしたほうが良いみたいなのですが、わたしが現在フルタイムで働いているのと、先生も今度の通院(2週間先)でも大丈夫と言って下さっているので省略しています。
ネブライザー、マジ欲しいです。家でしてもいいのかしら。

少し落ち着いてきたものの、まだ本調子じゃないるあちゃん、あまりしゃべったりおもちゃで遊ばなくなってしまいました。すごく静かです。でもしゃべらなくても良いです。元気で居てくれさえすれば。
PAP_0062_20110510224907.jpg
PAP_0038_20110510224908.jpg


人気ブログランキングへ
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面