FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

マイクロチップ

今日は少し考えさせられるおはなしをば。
我が家のお嬢のしゃろむたんはだいたい1ヶ月に1度、お手入れもかねて病院へ健康診断しに行ってるんざますの(わたくしなんて年に2回美容院行ければいい方なのに・・ブツ)。

この間一通りお手入れ終わって先生に質問いたしましたの。
「あのーマイクロチップってお値段どれくらいですか」
先生、「そうですねー1万5千円くらいですかねー。個体差はありませんので」

まあ、それはそれで良いとして、その後の先生のお話。
「マイクロチップってこの辺りでは入れてもあまり効果とかないかもしれませんよー」
わたし、「でも最近入れる人多いんじゃないんですかー。」
「都会では読み取れる機械を置いている病院や施設はたくさんあるけれど、このあたりの田舎では病院自体にリーダー(読み取り機)置いているところってほとんどないですよー。」
・・・・・・・・・・・
まぢっすか?!
ぢゃあ、なんですか、迷い犬とかが病院なり警察なりに保護された場合、マイクロチップ埋め込まれていたとしてもそこでは調べてもくれないって事ですかー。
あれですよ、よく道路端で轢かれた仔とか見かけますが、運ばれた先の清掃センターなんかでもリーダーはないと言うようにも聞きました(その動物病院の先生のお話ではですよ)。どこまでが正確なのかは分かりませんがちょっとねーって感じです。
だって挿入した病院で読み取れないんでは効果のほどが確認できないではないですかー。

つい最近、近所の道で猫ちゃんが横たわっていたのを、車で通った時に見かけたので、家に帰って箱を持っていって主人と一緒にタオルにくるんでもって帰りました。まだ若そうなきれいなグレーの仔でした。飼い猫かどうか首輪はしていないので分かりませんでしたが、清掃局の方に来てもらって引き取ってもらいました。そのとき会話で、
「この猫ちゃん飼い猫かどうか分からないけれど、マイクロチップを調べることってしますか」
って聞いたら、係りの人、
「はぁ?(なんですかそれ?)」てな感じでしたもんね。

まあ、話は長くなりましたが、全国でも地方や都市部によって状況はまちまちのようです。
いつぞやの新聞で「ペット税」の導入論が前向きに検討されつつあると取り上げられていました。3つの指針の1つに「鑑札やマイクロチップの普及」があげられていましたが、制度が先行してしまっているように感じましたね。これから普及に向けてがんばっていただきたいところです。

そんなわけでまだまだ田舎の我が家は少し様子を見ようということで鑑札ぶら下げることにしています。
鑑札
こんなしょぼいのじゃなくってもっとアクセサリーっぽいのがいいですぅー。byしゃろむ

スポンサーサイト



プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面