FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

お絵かきエディターで



いろいろやってみたくなるものなんです。ブログ初心者なもんで・・。写真もないし。

スポンサーサイト



ヘルパーのお仕事。

今日は高専(高齢者専用住宅)でのお仕事でした。
以前も書きましたが約60名の障害や高齢のため要介助、もしくは独居が困難な方々がお住みです。様式としては施設ではなく独立型住居になるので、在宅介護の型になります。

まあ、いろいろな症状の方達がお見えですが、ほとんどの方達は車椅子生活かベットで寝たきりですね。寝たきりになるのは施設ではないので、決められた時間でないとその人のお部屋に行くことができないのでどうにもしようがありません。なので体が硬直してどんどんと曲がっていくか動かなくなっていってしまいます。

車椅子からベット(その逆も)に移乗させるにも一苦労です。体が思うようにならないので座ったり立ったりもできません。当然自分で何かをすることも困難です。ヘルパーがベットからその方の体を起こし座らせて抱えて移すのですが、力任せにしたからってできるものでもないのですのよ。

今日介護した方の1人で男性の入居者さんはやはり自分では起きたり立ったりできません。なので私は
「○○さんねー、私の背中に手を回しておもいっきり抱きついてくださいねー。」って言うんです。すると必ず両胸わしづかみしてくるんで、
「あ、○○さんねー、胸ぢゃなくって背中ねー、」
と言うとわはは~なんて笑いながらしっかり抱きついてくれるんです(たまに首絞められますが・・・)。へんな話ではなくって、これポイントなんですの。だって介助者にとって介護する人を落っことすことが何より怖いんで。

あとおしゃれ(←これもポイント)をして行くんです。汚れてもいいようなどうでもいい格好じゃなくって。きれいに化粧もして髪型もセットします。そうすると介助される方も気分がいいし、自分も気持ちよくすごせるし。
あと最後に必ず「ありがとうございますねー」ってあいさつします。介護させてもらってありがとうの気持ちです。最初はぎこちなくてぎくしゃくしていた方とも何回かこうやって接するとだいたいは関係が良くなるんです。嫌われると介護させてくれませんし。

そんな感じですかねー。

2009341122.jpg
  しゃろむからゆきたんへ 愛のたより

プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面