FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

しゃろむのプロフィール(続き1)

-昨日のつづきー

しゃろむは1男2女の3兄弟でした。
千葉わんのボランティアさんのお話によると、現地に食事のお世話をしに行くと怖がらずに人に寄って来たそうです。同じ仔犬でも警戒して寄って来ない仔達もいたそうで、だから命拾いしたという経緯もあります。

だっこしゃろむ
  (こんな感じで捕まえられたの・・・)

というのも2002年の12月の9日~10日にかけての大寒波で現地の犬達のうちの数頭が命をおとしてしまったと聞いています。でも何かのほんの少しのきっかけで、犬達の意思に関係なく人の手によってそこから出された仔たちは、そうならずに済んだのです。

        はがいじめしゃろむ あたちの意思ではないの・・・


里親募集掲示板に掲載されていた「ガリバー」こと「しゃろむ」のことは、千葉わんの預かりボランティアさんのクミさんが日記を書いてくださっていたことでその様子を知ることができました。→参照

わたくしたち夫婦は2002年4月に結婚して当時新婚生活真っ只中でした。まだ自分たちの生活スタイルが整っていない中(しかも姑の手前)、犬を飼うという考えはありませんでした。
でもわたくし自身が、一生に1度はどうしても犬を飼ってみたいという希望で半ば強引に納得させてしまいました。犬に対しては全くの初心者なので、飼うとしたら人なれしていて扱いやすい仔が良いと考えていました。

日記ではしゃろむの性格、状態が分かりやすく細かに記されてありとても参考になりました。
最初はゴリラにしか見えなかった仔が、犬らしくなってきているのにも少し安心(ホっ)。。
里親希望の旨を連絡し、お見合いをしに出かけ、その場で即決定~とあいなりました。

実際に実物を目にしたときの印象はというと・・・・。
いや~見事なまでに我々夫婦を無視していましたねー。一緒にいた兄弟の「プラトン」(男の子)の方のが、よっぽど愛想がよくって可愛らしかったです。(あくまでの当時の印象ですよ)          
         
         プラトン ぼくプラトン

将来の飼い主そっちのけでご飯をかっ食い、しかもプラトンの分まで奪って食べてましたからねー。その性格はいまでもほとんど変わってません。(断言!)

そんなこんなで次回は「しゃろむ」のお迎えのことを書きます。

今のしゃろむ   今はこんなんなったのじゃ~


-づづく
スポンサーサイト



プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面