FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

うれしい一言

うれしい一言 part1
老姉妹2人の利用者さん宅へ行って会話をしている時、、妹さんとやり取りしているとき、お姉さんがまじまじとわたくしの顔を見て言った一言、
まあ、なんてきれい!お人形さんみたい。人間のお人形さんがはなしてるわ!

うれしい一言 part2
脳梗塞の後遺症で知的障害のある男性の利用者さんがベットで寝ている時、オムツ替えされながら、わたくしの胸やおしりをさわってこられるので、
○○さん、それセクハラやで、そんなことしたらあかんよ(関西弁で)。」と言ったら
ごめん、ネエちゃん。ネエちゃん女性だから。

うれしい一言 part3
男性の利用者さんを車椅子でエレベーターに乗せて移動介助していたとき、
おばさん」と言われたので
おばさんやない、ヘルパーさんでしょ」と心の中で思い、むっとして黙ったまま着けていたマスクをとって顔をみせてやったら、
あ、おばさんじゃなくって、おねえさんかー。

そんなわたくしもアラフォー世代。。。。
(上記の記事に虚偽はありません・・人によって見解に多少の相違あり)

P1040314.jpg
  ほんとうに?


スポンサーサイト



しゃろむの両親

今日はしゃろむの両親についてです。

捨て犬で両親が分かっている仔って多いのか少ないのかよく分かりませんが、しゃろむは父母犬ともに分かっています。

お母さんは「ピントちゃん」といってホントしゃろむそっくりなんですよ。毛並みは全く違いますが、表情や輪郭、体型なんかはまんまですね。
毛並みとお豆さんみたいな目はお父さん犬「ムックン」ゆずりです。

ピントちゃんは、現地での厳しい状況の中、しゃろむをふくむ3匹の仔を一生懸命守り育ててきました。一足はやく子供達は現地から救い出されましたが、その後ピントちゃん、ムックンも預かりボランティアさん宅で保護されました。

そんなピントちゃん、野良暮らしの時と今とでは全く別犬のようです。夫婦ともども「昭和枯れすすき」のようなイメージの、くら~い表情の画像を見た事があります。

でも千葉わんのボランティアさん達のケアによってぴかぴかのわんこになって新しいご家庭に迎え入れられて今は2匹とも幸せな暮らしをしています。

そんなピントちゃんのブログです。
いつでも一緒!

ダーリンからのプレゼント

今日休みの主人が、外出から帰ってきてお土産をくれました。
        :
        :
        :
        :
        :
        :
        :
        :
        :

PA0_0024.jpg


・・・・・・おや、包みが簡易包装なんでしょうか?エコですね。

で、中身は?(わくわく)o(^^)o ・・




        ↓


PA0_0022.jpg

なんだか遠くてよく見えませんね。近づいてみましょう。
  




        ↓
        ↓

 PA0_0020.jpg



。。。。。。。「目には入れないこと」ってことは口には入れても良いんでしょうか? 
よく分かりませんね・・












PA0_0018.jpg
。。。。。。 

介護の現場から

なんだか今日もお天気が悪いですね。明日はしゃろむを病院へ連れて行こうと思っているのでなんとか晴れて欲しいものです。

び、病院!?    おねんね1 寝たふり。。。


今日は本来なら在宅介護のお仕事が入っていたのですが、以前も書きましたが、利用者さんが入院されてしまっていますので開店休業状態です。はやくお仕事下さい。。。

昨日は高齢者専用介護付きマンション、略して「高専」のお仕事でした。こういうとき掛け持ちしていると収入が全くゼロになることもないので安心ですね。
介護のお仕事に携わっているお方ならご存知でしょうが、マンションや、アパートのような集合住宅に介護を必要とされている方や、もしくは高齢の方が住んでおられ、そこに併設された介護事業所が利用者さんのお宅へ伺ってサービスを行うのです。
少しややこしいかもしれませんが、いわゆる「有料老人ホーム」とは違います。扱いはあくまでも在宅介護になりますので。

入居者数は約60名くらいです。ほとんどが車椅子を利用されており、脳梗塞の後遺症がある方々です。(それ以外の病気の方もいらっしゃいますが・・・)
後遺症といっても様々な症状があります。例えば体の左右のどちらかが麻痺していたりとか、失語症だったりとか、脳のダメージを受けておられるので、以前の性格ががらりと変わってしまうこともあります。
みなさんそれぞれに症状が違いますので、ケアするときもマニュアル通りには行かないことがほとんどです。

わたくしの働いている高専はこう言ったら申し訳ないのですが、身寄りがいなかったり、家族の介護を受けられずに半ば見放されたり、もしくは以前あまり素行が良くなかった方々が多くおられます。ゴクドーって言うんですか(もちろんそうでない方もいます)。なので利用者さんから暴言暴力を受けたり理不尽な要求をされたりすることもしばし。。。

でもよくよく考えたら自分がそういった境遇に立たされたときいつも穏やかに暮らせていけるかなーとも思うのです。いつも単調で楽しみや生きがいのない生活を強いられたら多分どんな人間であろうとそうなってしますと思うんです。

ブログばかり書いてないであそんでよー   おねんね

私自身、介護者として技術的にも知識もまだまだ不十分で至らない事が多いのですが、せめて私がお世話する時間は精一杯その方のために時間と誠意を尽くすことが大切なのではないかなーなんて思ったりしている訳なんです。「今はあなただけの私です」ってな感じですかねー。

なんて偉そうに語ってしまいました。

おすまし
その気持ちでしゃろむにも接してください(ぺこり)

しゃろむの癖

しゃろむのくせ

① 足をなめること
② においを嗅ぐこと
③ う○ちを食べること
④ 拾い食いをすること

なんかぜんぜん良いことがありませんね。まあ癖って人間も大体がマイナス的なイメージがありますから、犬に限らずかも知れませんが。。。

①はですね、最近足にできものができちゃったったんですよ。今までそんなことなかったしどうしてかなーと思い、いろいろとネットで調べてみたりして。
アレルギーとかアトピー、蚤とかかなーと思ったり、犬の水虫っていうのもあるからそれかーともかんがえたりして。(なんせ家族全員水虫なので・・・)
あ~前日わたくしの洗っていない靴下にたわむれていたわ~なんて後悔したりして・・・

水虫だと犬も含めて全ての家族が治療したり、毎日使用している食器や毛布類の消毒をしなくてはいけないようです。
ぃや~大変だなーと思いつつ病院へ連れて行きました。 先生いわく
「あ、これ、いぼですね、いぼ。あとにきびみたいなの、この仔できやすい体質みたいね。いぼは年とるとできやすくなるやつ」
ってことは老人性いぼっていうのでしょうか。まあ水虫やアレルギーに比べると良いのかもしれませんがね。まあ、しゃろむも現在約6歳半なので
そういったものができやすいお年頃なんですね。

②、そのまんまです。とにかくにおいフェチです。部屋の中全般、お散歩コース、人間、犬としつこいくらい嗅ぎまくります。当然犬には嫌われます。
ドッグランへ連れて行っても走らずにずっと塀の隅っこでにおいかいでいますしね。

③、これもまんまですねー。消化不良なんでしょうか。とりあえずサツマイモ食べた後のう○ちは格別みたいです。う○ち=サツマイモと勘違いしていると思うくらい。
なんせイモの皮くっついてますからねー。う○ち食べた後の歯磨きは勘弁してください。。。

横寝 そんなこと言ないでよー


④も困ったものです。お散歩のときはにおい嗅がせていて少し油断したら口に入れていることも・・・。毒入りぎょうざいやシュウマイっていうのはないんですけれど。。。
蛇の死骸やぬけがら、かえるの干物ですかねー。田舎なので。。。
このあいだは主人の耳栓が片方どこかにいってしまい探していたら、しゃろむのう○ちからそのまんまの形で出てきましたー。

あ、わたくしの水虫はあれですのよ。職業病です。仕事で利用者さんをお風呂にお入れしますでしょ。それで感染してしまうんですねー。
治療してもまたどうせうつっちゃうんですの。労災扱いにして欲しいくらいです。  

そんなくせのあるしゃろむたん、お友達募集中です。(ついでにわたくしも)

窓越し 


プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面