FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

るあの様子

るあを預かっていただいていますホテルから、るあの様子を動画でお知らせしていただいています。
その様子をご覧ください。

[広告] VPS


[広告] VPS


おもちゃで遊ぶるあは久しぶりです。しかも積極的に遊んでいます。。昨日はとうもろこしのゆでたのや、落花生、無添加シュースなど少しですが食べているそうです。
良くおしゃべりもしているそう。

報告を聞いた限りでは、環境にも慣れてオーナーさまとも打ち解けているようなので、ひとまず安心です。

まだまだリハビリは始まったばかりですが、長い目で見て行こうと思います。
引き続きみなさまの応援よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

ごにょっています。

ここ2~3か月くらい調子の良いるあちゃん、はっきりとおしゃべりしたり口笛ふいたりするときもあるんですが、るあのいる向かい側の部屋からごにょごにょと何やらつぶやくように聞こえてきます。

そーっと足音忍ばせていくと、そこにはねころがったるあちゃんがけだるそーにつぶやいているんです。言葉にはならない寝言のような。下の部屋は義母なので、良く長電話しているのでその声を真似してるとか、わたしと主人が廊下で洗濯物を干しているときにしゃべったりするのでその話し声だとか。チャンスがあれば録音したいのですがなかなかですね。

最近の進展としては、足の傷が治った時に義足をつけるというお話があるというところです。できるかどうかは分かりませんが、人間の義肢を制作している企業さんにお話をもっていって、もう少し足の状態が良くなったら試作品をつくるかもというところにいっています。先方さんも鳥は扱ったことがないということですが、やってみたいと言ってくださっていますのでお願いしたいと考えています。ちなみに犬用の義肢は制作しています。

猫さんではこんな例があるんですね こちら

環境面ではやはり衣装用のプラケースではあまりにもまずいんではと思い、今現在業者さんに発注中です。冬の光熱費のことも考えて暖房効率の良い住居ができる予定です。2週間ほどでできあがるのでこうご期待です。

先週の金曜日には雨の中るあの通院へ行ってきました。今回は触診をじっくりしていただきました。触診は毎度するとかっていうようには決めてはなく(先生におまかせ)、るあのストレスも考えて診察していただいています。今回はそのうあたりも念入りに触っていただき、筋肉のつきも問題ないとのことでした。

しゃろむは今日通院してきました。ステロイドを止めてからはじめての検査で少しどきどきでした。昨年もステロイドを中断してから血小板が下がってしまった経験があるので心配でしたが、結果は14.2。若干下がりましたが薬を飲むまでにはいたりませんでした。なのでまた2週間ほど様子を見て通院検査です。

[広告] VPS


前回のブログのコメントで包帯関係の素材に関してアドバイスいただきました。ありがとうございます。とっても参考になります。
今現在の状況はまだ若干浸出液が出ていますが、それほど悪いというわけではありません。ただるあの足の場合、原因がはっきりしないので、じょくそうの治療法がいいのか、消毒しないほうがいいのかとかはっきりわからない中でしています。毎日試行錯誤でこの方法がいいかとか確信はありません。
「閉塞性血栓性血管炎」かもと先生に言われたりもしましたが、これも不確かですし、もし仮にそうだったとしても鳥に対しては治療法はありません。

でもめげずに頑張っていきます。応援よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

ごっそり取れちゃいました。。。

今日はるあの足の処置日。今は2日に1回の割合でしています。浸出液でどろどろしていたり自咬が激しかった頃は毎日していましたが、1時間近くかかることをひっくり返したままでいるのは、るあにとってもストレスなので今現在はこのスタイルでしています。

毎回、今日は出血していないかなーとか奇跡でもと願いながら、指が生えてこないかなーなんて祈りながら包帯を取ります。これも結構大変。ひっつかないガーゼをしているとはいえやはり多少は浸出液でこべりついているので薄皮が取れないようにと注意しながら、お湯で湿らしてふやかしながら剥がしていきます。

で、薄皮ができているほうの足の処置を終わり、最近まだ少し皮膚が剥がれたり浸出液が出てきたりするほうの足の包帯を取ろうと少しひねったところ、予想をしないことできごとが、、、。ごっそり包帯が勢い良く取れたと思った瞬間、分厚く覆っていたかさぶたが一気に取れてしまいました。びっくり。

足のほうはきれいなまあるい形になっていました。指が徐々にとれていった頃はいびつになっていましたが、それから3ヶ月は経ったので自然にきれいなかたちになっていました。皮膚はできているような感じではありませんが、このまま乾いてくれれば徐々にきれいになってくれるのではないかと思います。かかとからつま先の長さは今までの2分の1になってしまいました。

ペレットおじやですが、頻繁ではありませんが作っています。若干食べている感じです。うんちの色が濃いので。
今の課題は挿餌の量を減らしたら自力で食べてくれるのかどうかと言うことです。賭けでしかありませんが、もし何も身体的に異常が無く挿餌が多いために自力での給餌ができないのであれば挿餌の量を減らせば食べてくれるはずです。

ただこれも予想でしかないので、挿餌をまったくしないわけにはいかないので難しいです。しかもやはり一旦減った体重を元にも戻すのは結構大変なので。

*****
このブログを書いてしばらくした後、かさぶたの取れた足を噛んでしまったようです。出血させてしまいました。。。なんの覆いもないままで、うかつでした。
急遽シリンジでカバーをつくり包帯を巻いた足にかぶせました。これでくちばしが傷を噛むことはないと思うのですが・・・。せっかくきれいになっていた足に内出血ができてしまいました。ちょっとへこむ。。。

がんばっている、るあとしゃろむの応援これからもよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

ペット ブログランキングへ

おじや

120525_2351~01

先日るあを連れて病院へ行ってきました。心配いただいていました「そのう炎」の疑いですが、いまのところ大丈夫でしょうと言われました。食中食後にしか症状がないこと、食間に吐いたり粘液状のものが混じったりしているとその疑いがあるそうです。また毎回糞便検査をしており菌が確認されていないこともあります。

そのうに菌がある場合、鳥は口から肛門までが道筋が1本なためそのまま菌が出てくるのだそうです。上記の症状もないことから様子を見ましょうということになりました。それにそのう検査も結構ストレスになりますので。

足の写真を持っていき先生に診ていただきました。やっぱりかさぶたがどんどんと脱げかけていってるように感じると言われました。まだ薄皮程度ですが、しっかりとした皮膚になってくれたらなーと願います。自咬もしないでね。

120525_2348~01

ここ最近の変化は、るあちゃん、飲み水の中にカラーペレットを入れておじやを作っています。以前はこうしてペレットをふやかして食べていました。実際食べているのかどうかは分かりませんが、なんとなく良い傾向かもです。ご飯で遊ぶってことは興味があると言うことでしょうかね。人間の赤ちゃんもしますし。それと昔に憶えた言葉をどんどんとしゃべっていることとか。こうして自力で食べていたことも思い出して欲しいです。

TSUBASAさんにTELして相談したら、食の細い鳥さんを良く食べる鳥さんのゲージのそばに置いたら食べるようになったと聞きました。なのであつかましくもヨウムさんの食べている動画をユーストリームにUPしていただきました。なんとなく見ている感じです。お忙しいのにTSUBASAさん、ありがとうございました。

しゃろむは元気回復です。また10日後に検査に行きます。

いつも応援ありがとうございます。がんばっている2匹の応援これからもよろしくお願いします。


にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

環境を整えています。

本日2本目UP
木曜日はるあの通院の日でした。この日はるあも連れて行くので天候が気になりましたが、午前中はなんとかもってくれ良かったです。あいかわらず先生のことは苦手。。。鼻の穴の吸引と思ったのですが、その必要はないと言われました。点鼻薬かもしくは人間用のドライアイに使用する目薬、もしくは生理食塩水を注入すると良いそうです。それでくしゃみをさせることで詰まった物を飛ばすとか。

TS3Y0070.jpg

あと最近は暖かくなってきましたが、るあのためにほぼ半年近くエアコン暖房を30度設定にしてフル運転していました。しかも鳥用ヒーター、足マットのヒーターまで設置。それでも風邪をひかせてしまいました。さすがに光熱費がばかにならず今年は節電のためにもなにか対策をしなければと思い、1つ思いついたのが、病院用の保育器。よく病鳥さんがはいっているの。
先生にお聞きしました。そしたら日本には取り扱いがないとのこと。アメリカまで直接買い付けに行かれたそうです。しかも大型インコ用ってないし。
なのでやはりアクリルゲージにサーモスタットとヒーター付けるしかないようです。

プロポリスいついてお聞したところ使用するのは問題ないとのことでしたので、早速注文しました。

TS3Y0069.jpg

足のほうですが、画像ではお見せできないのですが、かさぶた(正確にはかさぶたではなく、しょう液が固まって層になったもの)がかなり膨張してしまっています。以前は無理にでも剥がしていましたが、今は自然にまかせています。本来の足の裏の長さの2倍になっています。自然と剥がれる、もしくは先端がとれてくるのかどうかは分かりません。足の裏も紫色になって、壊死が進んでいるのか血行不良なのかもよく分からないです。

前回みなさまから頂いたコメントをもとに、少し環境に変化を与えようと、わたしたちの食事中にるあを連れてきて見せたりとか、わたしが普段いる居室にるあを連れてきて一緒に過ごすとか。このあいだ窓際のカウンターに箱に入れて外を見せてあげてPCしていて何気にふと見たら、まさしく飛ぶ瞬間で棚と壁に落ちるところでしたが、何とかキャッチしました。。。

先生は歩かせてくださいって言うけれど、包帯が重くて歩けないんですけどー。
TV見せたら怖がっていました。

こんな状況です。

今のところ特別変化はありませんが、ゆっくりとしていきたいと思います。

[広告] VPS

近くだとしゃべらないので少し遠くから撮っています。
がんばっているしゃろむとるあの応援、これからもよろしくお願いします。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面