FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

みなさまのコメントに関して

いつもわたしの拙いブログを見ていてくださりありがとうございます。
文章はとってもはずかしく面白みに欠けますが、内容はとっても濃いです。何と言っても皆さま方からいただくコメントが素晴らしいです。
鳥飼いさんにとって、これから飼ってみようかと思われる方にとっても、大いに参考になることがあります。ブログ飛ばしてもコメントだけでも見てくださればと思います。


そんなコメントの中で、前回いただいた中に、るあの症状にほとんど一致するような内容がありましたので是非紹介させていただきます。

足がとれてしまったのも、ぬり薬が原因ですね…。セキセイは脂粉が少ないので、疥癬や火傷で多少塗り薬をぬっても足がとれてしまうことはありませんが、ヨウムの場合は足に塗り薬を塗ると脂粉の上からサランラップをまくのと一緒で、脂粉の出を悪くする(脂粉がつまる)事で、その部位が痒みを伴い(水浴びをしないヨウムは毛引きになりやすい=脂粉が皮膚に張り付いてかゆみを伴う)、薬の副作用でさらに足が痒みと熱(もしくは塗った部分の皮膚が壊死する事で脂粉の出が悪くなり)を持つ事で、その痒みがさらにましていき、皮膚をもぎ取って(蚊にさされた時に人が自分の皮膚を掻きむしる行為とよく似ています)も痒みがとれず、さらに上から薬を塗ることで、細胞そのものが時間をかけてどんどん壊死してしまいポロッと指が簡単にもげてしまうということはよくあるようです。

なので海外のヨウムの保護団体(治療にあたるチーム)は、保護して怪我をしたヨウムには薬は使わず、エリカラだけをつけて自然治癒にまかせる。ケージは外に出しっぱなしで太陽光を浴びせ続ける。ふんだんに果物やシードを土の上にまく。

以上の事はしないみたいです。
幼児用のステロイドも皮膚の表面をガサガサにして細胞を殺してしまいます。
それが今回は長期間に渡ってしまったせいで、ステロイドが皮膚の奥まで浸透してしまい、細胞そのものが壊死してしまったんですね。


正直こちらを読んだとき愕然といたしました。でももしかしてるあのような症状をもつ鳥さんの飼い主さんがおられるのでしたら知っていただければと感じました。

病院の先生を悪く言うことはできませんが、先生よりも実践的な知識や実績を持っておられる方がいることを、改めてしることができました。
今お世話になっているオーナーさまも獣医師ではありませんが、それに匹敵するほどの知識や対処法をお持ちです。

鳥専門の臨床関係はまだ日も浅くこれからなので、るあのような子が出ることがないように日々精進していただけることを願います。

そんなるあちゃん、なんと3日目から挿し餌を卒業して今は一人餌になったそうです。無我夢中でご飯を食べる様子をご覧ください。超感動です。。。
[広告] VPS

以前のようなたどたどしい食べ方ではなく、しっかりとお口に入っています。今は果物やシード、ペレットをまんべんなく食べているようです。

いつ家に戻すかの目途はまだたっていません。主人があまりにも仕事で忙しくお互いが時間が折り合わず、るあの環境つくりのための時間がとれていない状況です。
みなさまのあたたかい励ましや応援で、るあとの生活に向けて頑張っていこうという思いを強く持つことができています。

どうかこれからも応援、見守りいただければと思います。よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

抱っこがいけない理由

前回のブログのコメントで質問がありましたので、こちらで回答させていただきます。

このことは全てのヨウムさん(もしくは鳥)に当てはまるということではなく、
あくまでもるあにとってのこととお断りしておきます。

>この抱っこがるあにとっては良くなかったらしいのです。
⇒これってどうしてわかったのですか?
抱っこについてですが、各種の鳥さんによって性格や特技もありますし、
個体差があると感じます。ヨウムは主にスキンシップはそれほど好まないという考え方が
一般的だと思います。るあも以前はそうでした。

るあの場合、病気になりある時期から抱っこが平気になりました。
本来野生で生きていくうえでの必要な食欲の機能が失われて、自咬になり、
その原因を突き詰めたとき、抱っこが原因の1つだったのではという推測がありました。
(他にも原因はあると思いますので、こればかりではないです《強制給仕や投薬等》)

実際にオーナー様のお世話になり、治療以外に抱っこはさせない、
なだなでやカキカキのスキンシップのみで対応すると、自咬や食欲不振は治まってきました。

抱っこをせがむようになった原因としては、以前のおかれた環境にあったと感じます。
以前は個室でるあ独りきりでした。放鳥は朝晩1時間は行っていましたが、
それ以外の遊びというものが無く、るあにとっては満足できず寂しかったのだと思います。
隣の部屋でしゃろむと私たちが遊んでいるのをよくケージから覗いていました。

病気になったり、自咬になることでかまわれるようになり甘え癖がついたと思われます。
抱っこされているときが唯一独りぼっちから解放されると思い、
我慢していたのではないかと思います。

るあは独りぼっちの部屋に戻るのが嫌で、でも私のことは好きだからその葛藤があったようなのです。
オーナー様が傷の手当等以外、抱っこを極力行うのを止めたところ、自咬や毛引きも少なくなり、依存的な給餌も減ってきています。

>過去によっぽどショックなことがあったようで回復の途上らしいのですが、
⇒これもどうしてそのようなことが想定されるのでしょうか?
あくまでも推論ですが、通院や、先生との相性、治療での処置のトラウマが考えられます。
ブログではかいつまんででしか書いておりませんが、るあにとってやはり大変な所を通らされてきました。
家での処置も何度も辛い思いをさせています。病院での強制給仕や家での投薬、塗り薬も毎日が辛かったです。
それでも私のことを慕ってくれて複雑な心境だったのだと思います。

今は、転地療法で、たくさんの鳥に囲まれ寂しくもないし、嫌なこともされず、精神的に解放されているのだと思います。実際に食事も自力でし出し、遊んだり生き生きとしてきていますので。
ただわたしが会いに行ったあとはしばらく呼び鳴きをしてはいるものの、精神的に不安定になり、毛抜き、自咬が見られるので、昔の辛い過去を思い出しているのではないでしょうか。

>そんなに辛い目にあわせてしまった自分が情けないやら。。。
⇒るあちゃんの飼育に関して決定的な問題があったということでしょうか?
一番の原因は、るあを孤独にしてしまったということだと思います。
あと指摘されましたのは、幼児期のコミュニティの形成不全といったところでしょうか。
わたしだけがるあの世話を行い、遊び接してきたのが良くなかったようです。

家族が全員(しゃろむも含めて)家族として認識させ、接する必要があったということです。
るあがオンリーワンなのもここに深く関わっているものと思います。
人間も幼児期には愛情やコミュニケーションがより一層大切ですが、それらが欠如してしていたのではないでしょうか。

特にヨウムは、デリケートで感受性が高く洞察力に優れているので、初心者飼いの鳥さんではないとのことです。
(わたしはヨウムを初心者にも飼える鳥として見ており、依存心がない鳥と思い込んでいました。この辺りでもうかなりの間違いだらけです)

このように理解していますが、もしかしたら認識不足のところがあるかもしれません。
また鳥さんによっても違いがありますので全てではないと思います。

どこまでが正しくてOKなのかというライン引きは個体差があり難しいと思います。
わたしがお世話になっているオーナー様はそのあたりの見抜く目が優れた経験豊かな動物介護士様なので、他の飼い主様の信頼が高いのだと思います。

こんなところでしょうか。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

るあとの生活

最近めっきりと秋らしくなってきましたね。ただ台風が連発してくる関係でお天気がいまいちですが・・・。

この間るあに会ってきました。やっぱり会ったはじめはそっけない感じ。つんでれさんですかね。でも一生懸命かごから出ようとして抱っこをせがみます。しばらく抱っこしてよしよししてあげました。

ここで今までしてきた中で大きな過ち発見!この抱っこがるあにとっては良くなかったらしいのです。本当は抱っこが好きでなかったらしいです。自分で言うのも何ですが、抱っこは嫌いだけどわたしのことが好きなので我慢してきたとのこと。また抱っこすることによってお互い依存しあってしまいるあのこれからの生活にも良くないらしいです。なのでとっても辛いのですが、抱っこはこれからはしません。。。でもスキンシップは大切なのでなでなでやカキカキはいっぱいしてあげようと思います。

再会してしばらくしたら、首の周りの毛引きがはじまりました。やっぱり感情のコントロールができなくなっているみたいです。これも一概には言えませんが、過去によっぽどショックなことがあったようで回復の途上らしいのですが、そんなに辛い目にあわせてしまった自分が情けないやら。。。通院や投薬、給餌もるあにとってはとても嫌なことではあったものの、1番の原因はわたしの接し方が悪かったのですね。。。

るあを預かっていただいて1カ月になりますが、予想以上に回復していてとても嬉しいですし、診ていただいているオーナーさまには感謝しています。あとはるあを再び受け入れるタイミングなのですが、いろいろと準備しなくてはならないことがたくさんあります。

まずはるあが寂しい思いをしなくて済むようにいつもなんらかの興味関心を持たせてあげること。これについては、しゃろむと同じ部屋にさせてお互い良い刺激になればと思います。またオーナーさまのお宅ではTVを観て楽しんでいるようなのでTVを設置すること。運動を1日何度かしてあげること、ですね。

でも、こういうことを考えながら、本当はるあとの暮らしをあきらめた方が良いのではないかとも感じています。もちろん本心から望んでいるのではありませんが、るあにとってもっと適した飼い主がいるのではないか、まだ3歳という年齢を考えると新たに里親さんを探してあげることが本当はるあにとっては一番良いのではないかと思ったりもします。

今どんどんと回復して良くなってはいますが、我が家に帰ってきてまた元に戻ってしまったら、るあの人生を台無しにしてしまうのではないかと感じています。

るあと別れることを考えるだけでも辛いし悲しいです。今大切な岐路に立たされていると感じています。どうか良い知恵が与えられ、最善の選択をしていくことができますように。

少し重くなってしまいましたので、楽しく遊ぶるあちゃんの動画をどうぞ。

[広告] VPS


これからも応援よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

がっついています。

かなりがっついて食べています。ただしペレットはよけてシードのみだそう。でも食べてくれるだけ嬉しいです。
[広告] VPS


明日またるあに会ってきます。

がんばっているるあとしゃろむの応援、よろしくお願いします。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

ごはん風景

るあの状況を送っていただいています。
ケースノ中でかなり動き回っている様子です。飛んだりはねたり、羽も伸びているので多分飛ぶこともできるそうです。

ただあまりにも動きが激しいので、足の包帯が取れかかっているそうです。シリンジがついている分、邪魔なようで自分で外そうとしているとのこと。先方さまとも相談して、シリンジカバーなしで対応していただくことになりました。その方が処置もしやすいとのことです。

おしゃべりや歌もかなり口ずさんでいるとのこと。やっぱり環境が良いんでしょうね。入れておいたおもちゃも壊したりしているそう。元気で何よりです。

今日も動画を送っていただきましたので見てくださいねー。

[広告] VPS


家ではごはん関係は見向きもしませんでしたが、かじっているだけでも興味はあるようで進歩じゃないかと思います。リンゴやナシの吸ったのやジュースも口にしているそうです。

これからもみなさまの見守り、応援よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面