FC2ブログ

我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

るあとの生活

最近めっきりと秋らしくなってきましたね。ただ台風が連発してくる関係でお天気がいまいちですが・・・。

この間るあに会ってきました。やっぱり会ったはじめはそっけない感じ。つんでれさんですかね。でも一生懸命かごから出ようとして抱っこをせがみます。しばらく抱っこしてよしよししてあげました。

ここで今までしてきた中で大きな過ち発見!この抱っこがるあにとっては良くなかったらしいのです。本当は抱っこが好きでなかったらしいです。自分で言うのも何ですが、抱っこは嫌いだけどわたしのことが好きなので我慢してきたとのこと。また抱っこすることによってお互い依存しあってしまいるあのこれからの生活にも良くないらしいです。なのでとっても辛いのですが、抱っこはこれからはしません。。。でもスキンシップは大切なのでなでなでやカキカキはいっぱいしてあげようと思います。

再会してしばらくしたら、首の周りの毛引きがはじまりました。やっぱり感情のコントロールができなくなっているみたいです。これも一概には言えませんが、過去によっぽどショックなことがあったようで回復の途上らしいのですが、そんなに辛い目にあわせてしまった自分が情けないやら。。。通院や投薬、給餌もるあにとってはとても嫌なことではあったものの、1番の原因はわたしの接し方が悪かったのですね。。。

るあを預かっていただいて1カ月になりますが、予想以上に回復していてとても嬉しいですし、診ていただいているオーナーさまには感謝しています。あとはるあを再び受け入れるタイミングなのですが、いろいろと準備しなくてはならないことがたくさんあります。

まずはるあが寂しい思いをしなくて済むようにいつもなんらかの興味関心を持たせてあげること。これについては、しゃろむと同じ部屋にさせてお互い良い刺激になればと思います。またオーナーさまのお宅ではTVを観て楽しんでいるようなのでTVを設置すること。運動を1日何度かしてあげること、ですね。

でも、こういうことを考えながら、本当はるあとの暮らしをあきらめた方が良いのではないかとも感じています。もちろん本心から望んでいるのではありませんが、るあにとってもっと適した飼い主がいるのではないか、まだ3歳という年齢を考えると新たに里親さんを探してあげることが本当はるあにとっては一番良いのではないかと思ったりもします。

今どんどんと回復して良くなってはいますが、我が家に帰ってきてまた元に戻ってしまったら、るあの人生を台無しにしてしまうのではないかと感じています。

るあと別れることを考えるだけでも辛いし悲しいです。今大切な岐路に立たされていると感じています。どうか良い知恵が与えられ、最善の選択をしていくことができますように。

少し重くなってしまいましたので、楽しく遊ぶるあちゃんの動画をどうぞ。

[広告] VPS


これからも応援よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
秋を感じますね~
先日の台風、風がすごかったです。しかも私の退社時刻が一番ひどかったんです。雨は止んでいましたが、恐いくらいの風でした。今日の〈るあちゃんの動画〉拝見しました。翼をバタバタさせてとっても元気!安心しました。今回、オーナーさんとの出会いがなければ…と言うよりミッチーさん(でよかったでしょうか?)からの紹介がなければ…と思うと、人のつながりは不思議なものですよね。ゆきたんさんあまり難しく考えず、オーナーさんからのアドバイスを取り入れて、るあちゃんとの生活を考えていけば良いではないでしょうか?時間的、金銭的な問題が大きいのなら話は別ですが…るあちゃんにとってゆきたんさんは最高の飼い主さんですよ。もし自咬や毛引きの原因が飼い主さんにあったとしても、ここまでるあちゃんの為にしてくれる飼い主、なかなかいないと思います。ゆきたんさんだから出来たのですよ。初めての大型インコ!飼う側としては分からない事ばかりのはずです。失敗したら次は同じ事をしないようにする。ひとつひとつ勉強ですよ!今回すばらしい方(オーナーさん)と出会えた訳ですから、これをるあちゃんとゆきたんさんの新しいスタートラインにしてはいかがでしょうか?今までのるあちゃんとの接し方はゼロにして、オーナーさんから教えていただいた事をいちから始めましょう!ちょっと大変かもしれませんがファイト!ゆきたんさん!
2012/10/04(木) 17:07 | URL | つよ子 #-[ 編集]
まだきっとこれから
このところの経過は、長い目で見なければ答えは出ない気がして、見守り隊を貫いておりました。

確かにるあちゃんをもっときちんと管理できたり、上手くコントロール出来る人はいるのかもしれません。
でも、ゆきたんさんほど、るあちゃんを心から愛してあげられる人は他にいるのでしょうか?
今まではやり方がよく分からない中で、手探りでやってきた時だったかもしれません。でも、ここに来て、大分方向が見えてきたのではないでしょうか。
それなら、まだまだ諦めないで。
今まででも、もう十分過ぎるほど辛くて悲しい思いもされたことと思います。
でも、まだ答えを出すには早すぎるし、新しい壁にぶつかっても、また道が開けるかもしれません。
しんどいと思うけど、まだ別れを考えるのは早すぎる気がしますよ。
ファイトですよ!!
2012/10/05(金) 19:46 | URL | つっくらぶ #-[ 編集]
つよ子さま
台風の被害にあわれなくて何よりでした。今年は台風の当たり年なのでしょうか。うちも南向きの家なので毎回風当たりが強く家が吹っ飛びそうです~。

るあのこといつも見守っていただきありがとうございます。飛ぶ運動は全身の血流が良くなり、足の血行にも良いので壊死の改善には効くそうです。お腹も空きますし、本人も楽しそうなので一石二鳥です。

今回のるあのお泊りに限らずですが、このブログを通してたくさんの方の励ましやアドバイス、応援により、人とのつながりのありがたさ、出会いに感謝しています。

るあのこれからのことを考えると、早く一緒に暮らしていきたいと思う反面、不安が大きいことも感じます。るあがわたしのことを慕ってくれているとはいえ、ここまで症状を重くしてしまったことも事実です。ついつい過去のことを振り返り悔やむ気持ちも起こってしまいます。

ただ、つよ子さまにも励まされたように、いままでのことをリセットして接していきたいとも願っています。自分のしたい通りにするのではなく、今オーナーさまの方法で成功していることを習い、学びたいと思います。同じようにはいかないかもしれませんが。

そのためにもどうかるあとの正しい関係づくりが築き上げられるよう、チャンスが与えられますようにお祈りいただければと思います。よろしくお願いします。
2012/10/06(土) 00:14 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
つっくらぶさま
いつも見守っていただきありがとうございます。
つっくらぶさまもつくしちゃんとの生活1周年記念おめでとうございます~。つっくらぶさまのつくしちゃんへの愛情、接し方にはいつも学ぶことがたくさんあります。やっぱりわたしはるあへのコミュニケーションが不足していたんだなーとしみじみ悔やまれます。

最近はついつい後悔ばかりでどうも暗くなっちゃいます。るあが元気に回復していくのを喜ぶ反面、自分の足りなさを痛感せずにはいられません。オーナーさまと同じ方法がはたしてわたしにもできるのか、というよりは、るあもわたしだと依存心があるため同じようにはいかないのではないかという不安もあります。

もちろんまだ答えを出すわけではありませんので、前向きにるあと生活できるように準備していこうと考えています。あとは絶対大丈夫と思える確信ですかね。

どうかこれからも励まし、アドバイスよろしくお願いします。
2012/10/06(土) 00:27 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
はじめまして
小鳥さんはとても小さな文鳥でさえ、飼い主の声、動く音(その人固有の物音)をよく覚えていて、私がこわい鬼のお面をつけていても、声や足音だけで私がどこにいるのかすぐに察知されてしまいます。

さらに、るいちゃんクラスになると、なんと!ママの顔を他の人と比べたり、識別できてしまいます。よかったら、ずっと一緒にいてあげてほしいです。

ただ、気持ち的に、身体的に、どうしても辛くなったら、一時保育的な感じでみんなに協力(鳥専門のホテル、病院でのお泊り、お世話ハウス等の利用)してもらいながらるいちゃんのお世話をしていくという形でもいいんじゃないかと思います。

さしでがましいコメントで本当にすみません。v-12v-26
「今大切な岐路に立たされていると感じ」
で撃ち落されまして、ひょっこり顔を出しました。ではでは、
2012/10/06(土) 00:59 | URL | ぽこ #IPjhD9aw[ 編集]
ぽこさま
はじめまして、コメントありがとうございます。つたないブログですが見ていただけて嬉しいです。

ぽこさまも鳥さんを飼っておられるのでしょうか。わたし自身セキセイインコは飼っていた経験はありましたが、本当に鳥のこと理解していたわけではなかったんだと改めて思わされました。自分が思う以上に感情が豊かで愛情を求めているんだなーとつくづく感じました。

ぽこさまをはじめ、皆様方のコメント、本当にありがたいです。るあがわたしを求めてくれて、受け入れてくれるなら再出発していきたいと思います。思いはもちろんあくまでも一緒に暮らせるようにと準備していく方向です。あとは絶対大丈夫と思える自信ですかね・・・。やっぱり命に関わることですので。

今回わたしオンリーだった生活や環境は全く改めて、主人や義母にもできるだけ接してもらうように関わり合いを変えていくこと、1人部屋からしゃろむの部屋に移動させること等改善案もオーナーさまからいただき進めていきます。別れることを前提にしているわけではないですのでご安心ください。

差し出がましいなんてとんでもないです。これからもアドバイスいただけると励みになります。どうぞよろしくお願いします。
2012/10/06(土) 19:57 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
教えてください
今回のブログを読ませていただいて、純粋にいくつか教えていただきたいことがありますので差支えない範囲でお返事いただけたらと思っています。

>この抱っこがるあにとっては良くなかったらしいのです。
⇒これってどうしてわかったのですか?それだけでもすごい発見だと思うのですが、このようなことは鳥病院でもきっと指摘されたことはなかったのですよね。
鳥のことをわかっていると思ってやっていたことが鳥にとってストレスになっていたというのはショックだと思いますが、鳥が生理的にいやなことを飼い主のために我慢できるものなんでしょうか?
コンパニオンバードに関する私の拙い知識と印象では、たとえばウロコや白色オウム類は比較的体を触らせてくれるらしい、、、ヨウムはおしゃべりが得意な個体も多い、、、けど、体はあまり触らせてくらないんじゃないかな、、、程度ですが、自分の飼い鳥がだっこさせてくれていたら、それがストレスだと見抜くのは困難と思います。


>過去によっぽどショックなことがあったようで回復の途上らしいのですが、
⇒これもどうしてそのようなことが想定されるのでしょうか?

>そんなに辛い目にあわせてしまった自分が情けないやら。。。通院や投薬、給餌もるあにとってはとても嫌なことではあったものの、1番の原因はわたしの接し方が悪かったのですね。。。
⇒るあちゃんの飼育に関して決定的な問題があったということでしょうか?
鳥は爪切りで体を保定されるのも、投薬されるのも、病院に連れて行かれるのも、そしてレントゲンを撮られるのなんかも大きらいなんだと思います。でも、それらを全く避けて一生を過ごせる鳥さんは少ないと思います。(多かれ少なかれ飼い主も鳥さんもこのような経験をしていると思います。)プロや経験豊かなコンパニオンバードの飼い主さんから情報を得て、接し方を変えなければいけないことは多々あるかもしれませんが、ゆきたん様だっていろいろな情報や知識を得てここまでやってきたのだと思います。るあちゃんの状況はそんなにゆきたん様の飼育の仕方や接し方に問題があったということなんでしょうか?

飼い鳥を人間のように扱ったり、あまりべったりしすぎるのはNGということは鳥病院でも言われ、過保護にしすぎるのはよくない、ということはよく言われていますしそのとおりと思いますが、ゆきたん様がおっしゃられているのはこの点に深く関係する問題でしょうか?これから、また私も鳥を飼う生活を始めることもあるかと思いますので、いろいろ教えていただきたい次第です。
2012/10/07(日) 22:01 | URL | きょろ #Utv9woxY[ 編集]
きょろさま
ご質問ありがとうございます。ブログの方で答えさせていただきますので、
しばらくお待ちくださいね。
いつも見ていただきありがとうございます。
2012/10/08(月) 18:17 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
初めまして
こんにちは、初めてメッセージさせて頂きます。
CAPさんの我が家のアイドルで紹介されたのを見てからブログお邪魔しています。

今回の内容を読んで、里親に出される事を検討している・・との事。
コメントせずには居られなく、初めてにもかかわらず厚かましくコメントさせて頂きます。

うちには2歳になるオカメインコが居ます。
ペットショップで予約してお迎えに行く間にオカメパニック、風邪・・ショップの店員から電話があり予約破棄にして下さいと。
そんな理由で断りたくない程気に入っていたので全てを承諾した後に引き取りました。

連れて帰るなりプラケースでの生活、喉はイガイガ、雛の可愛い声は出ません。
病院では結核も疑わないと・・と。
いきなり検査で数万円、病院通いの日々。一番可愛い時期に遊ぶ事も出来ませんでした。
検査結果では結核では無く原因不明の病気??
病院はもちろん信頼の出来る先生です。
きちんとした病院で診て貰ってるにもかかわらず、飼い主の私はずっと不安で潰されそうな日々でした。
もちろんしんどいのはオカメインコ本人なのに・・
色んな薬を少しづつ変え、ある日うその様に病気が飛んで行ってくれました。
今ではやんちゃなオカメに変身です。

るあちゃん、オーナー様のお宅で少しづつ元気になっているご様子。嬉しく思います。
我が家もお迎えした時に病気のせいもあり、私だけしか懐かない鳥になってしまいました。
どんな飼い方が正解、不正解って無いと思います。
るあちゃんの為にいっぱい考えいっぱい調べられ・・ゆきたんさんが出来る事は十分にされていると思います。

色んな答えがあると思いますが、るあちゃんとゆきたんさんにとって最善の生活が出来るような答えが見つかるといいですね。
出来ればお二人はずっと一緒に居て欲しい気持ちでいっぱいです。

るあちゃんへの自分の一方的な感情を押し出すのでは無く「るあちゃんの命」を一番に考えられておられる!ほんと最高の飼い主さんだと思います。
2012/10/15(月) 13:21 | URL | 鳥好き #KGAhWzec[ 編集]
鳥好きさま
はじめまして、拙いブログですが見ていただいて嬉しいです。

お迎えしてすぐの発病、大変でしたね。楽しくてわくわくするはずの生活が毎日不安だらけで胸が締め付けられる思い、切ないです。迎える以前に病気と分かっていながら引き取られた鳥好きさまの決断力には頭が下がります。

病気がまだ特定出来れば処置の仕様がありますが、それができないとなると治療の見通しも立ちませんし、現実的なはなしでは、金銭的にも打撃ですよね。

うちも正直るあやしゃろむの治療費や経費に数十万ほどかかってしまいましたが、そういう問題じゃないんですよね・・・(お金はもちろん痛いですが)

でも鳥好きさまのオカメちゃんが元気に回復して何よりです。そういう体験をお聞きするとうちのるあも元気になると信じることができます。

るあは私だけのオンリーワンになってしまい、今後生活するに当たっては世話を行うにしても家族としてのコミュニティ作りにおいても問題があると聞いていますので、少なくとも私と同じことが主人にもできるようにしていく予定です。

るあとの生活は前向きに考えて行こうと思っています。帰ってくるための準備も具体的に計画中です。あとは自分の中で絶対大丈夫と思える心でしょうか。
大した飼い主ではないですが、るあに対する責任は全うしてあげたいと願っています。

鳥好きさまのコメント、とっても励まされます。どうかこれからも見守りよろしくお願いします。
2012/10/15(月) 21:34 | URL | ゆきたん #TbPE.3DU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面