我が家の愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」を中心に繰り広げられる日常を、書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お礼

しゃろむが亡くなって、ちょうど1週間がたちました。
速いのか遅いのか、時間の間隔がありません。市役所にしゃろむの死亡届を提出しました。
こういうことも1つのけじめになるのかと、まだ早いと思いつつ、時間があるうちにと思い届けました。

お心遣いをたくさんいただきました。
しゃろむのお母さん犬の里親さま、しゃろむの預かりボランティアさま方々、団体さま、
本当にありがとうございます。

1114.jpg
しゃろむのお母さん、ピントちゃんの里親さま

IMG_20170905_103530_1.jpg
ちばわん団体さま

IMG_20170905_103458.jpg
しゃろむの預かりをしてくださったボランティアのクミさま

1113_20170908083105562.jpg
同じく短期間ではありましたが、預かってくださったちばわんスタッフのミキさま

みなさま、ありがとうございます。

飼い主は無頓着で、お花の用意もありませんでしたが、天国に返す際に、
一輪づつ備えさせていただきました。

残念なことに、しゃろむのお母さん犬のピントちゃんも、先日9月5日に天国に旅立ったと連絡を受けました。
母娘ともに頑張ったと褒めてあげたいです。

日常生活も普通に送れいています。仕事も休まず勤めています。
ただ、ふとしたことで思い出して涙がこぼれます。

本当にいい娘でした。

201709080036481a3.jpg

お花

今まで可愛がってくださりありがとうございます。
わたしは元気です。ご心配をおかけして申し訳ありません。

ブログは不定期になりがちですが、これからはるあちゃんのことも取り上げていきたいです。
スポンサーサイト

ご報告

突然にすみません。

しゃろむですが、8月31日(木)23時50分、天国へと旅立ちました。
今はこれ以上言葉がありません。

今まで、しゃろむのことを可愛がり気にかけてくださりありがとうございます。
また詳しいことは落ち着きましたらご報告させていただきます。

るあちゃんは元気です。

取り急ぎご報告まで。

しゃろむについて。

おはようございます。
お久しぶりです。

前回の更新からかなり間が空き、唐突なのですが、
しゃろむがここ数日調子がよくありません。
正直に書きますと、ここ数日がやまと思っています。

8月13日(日)までは普通にご飯も水もとれていました。
最近は寝たきりで自力で身動きしたり飲食も介助が必要だったりはしていましたが、
それでも食欲はあったのですっかり安心していました。

8月14日(月)の朝ごはんも全く取れず、水も飲んでくれず、
病院に行きたくてもお盆休みだったので、
盆明けの16日水曜日に連れて行きましたが、
肝臓にも腫瘍が診られ、あとはもう何もすることができないとこのこと。

入院も考えましたが、入院中に急変することもあり、
看取ることもできないかと思い連れて帰りました。

いろいろと考え、訪問診療専門の獣医師の先生の連絡し、
17日(木)に来ていただき、自宅点滴を教えてもらいました。

その後昨日18日は若干意識がはっきりとすることもありましたが、
今朝はもうはっきとした意識はありません。

久しぶりのブログでこういった暗い内容の近況で申し訳ございません。
9月になったら15歳なので、それまでとはと願っていますが、
これも飼い主のエゴかと思うと、どうしてあげたら良いのか、
ただただ苦痛なく穏やかに過ごすことができることを願うばかりです。

TS3Y1925.jpg

TS3Y1926.jpg

ほんの1か月前々では自力でご飯もお水もとれていたのですが、、、[広告] VPS


るあちゃんもそばで見守ってくれています。

こんな近況しか伝えられなくてすみません。
応援お願いします。

すっかりご無沙汰(汗。。。)

こんばんは。もうめっきり不定期ブログと化しています。

しゃろむもるあも元気です。
るあちゃんは、足の障害もなんのその!水浴びをして水槽が水浸し(笑)
ごはんもたくさん食べてくれます。

前回のブログは、しゃろむちゃんの誕生日のころだったですが、
あれからゆっくりとですが、老化も進み、足腰も弱りいろいろとあります。
でも食欲も旺盛で、うーたん・しーしーもしっかりしてくれて(圏外あり)
元気にしてくれて嬉しいです❤

しゃろむは、ある犬の捨て場の現地出身の子なのですが、
今では「現地」と言える子も少なく、お母さん犬も寝たきりです。
うちは寝たきりとまでは言えませんが、ご飯以外はもう寝ています。
足腰も弱り、ご飯を食べていながら、絨毯の上でもへたって介護が必要です。

TS3Y1838.jpg


鳴かなくなりました。
以前は、食前は必ず催促の鳴き声がありましたが、最近は全く声も出さず、
楽と言えばそうなんですが、少し寂しです。

ボケてはいません(たぶん)
ごはんの時間は分かっていますし、フードが飛び散ればそれに向かって食べにいきます。
目もまだまだ見えているようですし、鼻も効いています。

「食べる子は長生きする」といったことを信じてあと数年、
飼い主の我が侭もありますが、一緒に過ごしていきたいと願います。

不定期なブログですいません。。。

これからもるあとしゃろむの応援お願いいたします。
ありがとうござます。

TS3Y1831.jpg

しゃろむちゃん14歳になりましたー

またまたご無沙汰しています(汗。。。)

すっかり間があいてしまいましたが、しゃろむもるあも元気にしています。

しゃろむはお陰様で14歳の誕生日を迎えることができました。詳しい日付は分かっていませんが、9月生まれというのは、保護してくださった団体さまから伺っています。
なので主人と一緒の誕生日にして無事にその日を迎えることができました。特別お祝いしていませーん(苦笑)


結婚当初は犬とか動物とか飼う予定ではありませんでした。なんせ奥ゆかしかったので(うっそー)自分の気持ちだとか要求がいいだせなくって(今じゃ言いたい放題)
犬は飼ったことがなく、最初はただ単に「ドーベルマン」が飼いたい!!って強く思い、何度かドーベルマン専門のブリーダーさんへ伺ったことがあります。その気のなかった主人もそこの犬がなつっこかったので、いいね~、、、なんて話していました。

いろいろと調べていたら、捨て犬とか野良犬を保護している団体や個人がおられることを知り、毎日ネットで調べていたら、うちの県でそういった捨て場があり、100頭以上の行き場を失った犬がいて、個人宅で保護して犬親さん探しをしいるとのこと。
その中で、かなり気になる犬発見! 全く犬らしくない「ゴリラ」みたいな子犬がいて、女の子なのに仮の名が「ガリバー」なぜガリバー??と思いながらそれ以外にも気にになる子はたくさんいたのですが、一番早く面談したのが「ガリバー」なので、会ったとたん速攻で決定で、翌年の2003年1月に我が家の娘となりました~☆

最初はとにかくやんちゃ!ケージからの脱走で何度クローゼット前に「うーたん」されてことやら・・・
昔からとにかく食欲旺盛で、なんでも口に入れて離さないので、誰もいないときはケージに入ってもらってましたが、ケージ、クレートが一番安心できるようで、地震があるとわたしたちがそばにいてもケージに避難するという人間よりも危機管理が良いというか(笑)

でも最近は年齢とともに足腰が弱り、1~2カ月の間に数回足をケージの網に挟めて身動き取れないことがあって、今ではケージを取っ払いご覧の通り。

TS3Y1764.jpg

最初はがらーんとしていたのですが、やはり壁がないと落ち着かないのか、トイレしてくれないので、かなり簡易ですが、壁設置。あとは多少圏外もありますが、なんとかトイレって認識してくれて。

TS3Y1765.jpg


しかも「ハウス!」っていうと、以前のケージの入り口からちゃんと入ってくれます(笑)見えない入り口が存在しているようですが、見えない壁は存在しない(当たりまえ)ので横から出ていっちゃいます。

共働きでいない間は、寝室のクレートでおとなしく寝ていてくれます。わたしは終日勤務ですが、お昼休みに帰宅できるので、お水を入れたり、あとは多少の粗相がありますから片付けや掃除をして、、、しゃろむ・うーたん臭のするところでご飯食べてます(笑)

[広告] VPS


2月に脾臓癌の摘出手術をしましたが、今のところ何の異常らしき点もなく、とにかく食欲があることが嬉しいです。
脾臓癌をネットで調べて絶望的な気持ちにもなったことがありますが、今は少しでもしゃろむが過ごしやすい環境を与えてあげることが一番かと思います。

るあちゃんは、今までずーっとしゃろむと一緒の部屋だったので寂しがるかなーと思ってましたが、意外とドライでした(笑) ごはんとか遊ぶときは一緒の部屋にいますから、その時は身を乗り出して嫉妬します。

最近は足腰が弱っていますが、ご飯の時だけは別犬のようにジャンプしています。おばあちゃんというよりは子犬にもどったって感じですねー☆

これからの1年間も穏やかに静かに過ごせたらと願っています。

しゃろむのお誕生日カードもいただきました。いつも気にかけてくださり、ありがとうございます。

たまーの更新ですみません。これからも2匹の応援よろしくお願いします♥

親子コラボレーション♡

こんばんは、熊本・大分、九州の方々はご無事ですか?
何もできませんが、はやく今の状況が収まり、平穏な日常に戻れることを願っています。

しゃろむは、出身は犬の捨て場と呼ばれる「現地」出身の犬です。当時は100匹以上と言われる犬が、捨てられて、避妊・去勢されていない犬同士から子供が生まれ、さらに頭数が増えていました。その中でしゃろむは生まれました。

現地ではお父さんもお母さんもいて、それぞれ里親さんにお迎えされて幸せになりました。お父さんはもう亡くなってしまいましたが、お母さんはまだ健在です。ブログで時折近況をみて励まされています。

実は亡くなったお父さんもそうですが、お母さんもしゃろむと一緒の脾臓癌でした。お母さんも手術して脾臓を摘出しましたが、たしか記憶では2年くらい前だったと思うのですが、今も元気にしているとのことで、同じ病気をもつ飼い主としては励まされます。

今回、わたしが絵を描いているということで、ご依頼を受けました。なんと!お母さんとうちのしゃろむを一緒に描いてくださいとのこと。イメージが、お母さんとしゃろむが見つめ合っているという感じでしたので、わたしなりのイメージで描きました。

ぴんとちゃん2
イメージに合う画像をいただいて、、、
少し目が光っちゃっているので修正し、絵の構造上、少しだけポーズを変えましたー

TS3Y1662.jpg
こんな感じ~

この世ではもう再会することはできないでしょうが、場所や空間を超えて母娘がお互いを感じ見つめ合っているというイメージです。

TS3Y1677.jpg

TS3Y1663.jpg
お母さんの画像に合わせてしゃろむも協力ー

最近ますますお母さんに似てきたなーって思います。以前はどちらかと言うとお父さんに似ていたのですが(毛色はお父さんにそっくりなので) 

またまた宣伝ぽくなっちゃいましたが、いろいろなご要望にも添えるように描きたいと思います。
絵の売り上げは、額装費や諸経費を除いた額を「NPO法人TSUBASA」さまにご寄附させていただきています。

しゃろむのお母さんとご家族さまのブログです。
「共に歩こう!」
http://love.ap.teacup.com/cherokee/
母娘(しゃろむ)の絵
http://love.ap.teacup.com/cherokee/820.html


いつも応援ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

元気にしていますー

いつもお世話になっていますー

しゃろむですが、術後約2カ月になりますが、ほぼ以前と変わらずの生活を送れています。食欲も問題なく、元気ですー☆
先日狂犬病の注射もうけてきました。

実はしゃろむのお母さん、お父さんも同じ脾臓がんの病気があったとのことで、お父さんの方は一昨年亡くなったとのこと、お母さんの方は今も闘病生活を送っています。里親さまと近況を話し合い、頑張っていきましょう―っと励まし合いました。

るあちゃんは、ほぼ問題なく元気にしています。おしゃべりもですが、最近は飛ぶのが楽しいらしく、水槽のお掃除のときにかごに入れるのですが、すぐに飛んじゃいます(笑) 飛距離も伸びて天井高く飛べるようになりました。その後はわたしの方に飛んできて、手の上にとまります。おりこうさんです~♡

TS3Y1624.jpg



最近は募金のための絵もぼちぼちとお客さまが増えてきて、鳥さん以外の、犬・猫親さまのお子さまを描かせていただく機会も増えてきました。今は何と!しゃろむのお母さん犬のピントちゃんとうちのしゃろむのコラボの絵を描かせていただきています。保護される前は、親子でどのように過ごしてきたか、、、しゃろむとその兄弟犬3匹の方のが早く保護されましたし、一緒に過ごしてきた日々は短いかと思います。今は里親さまのお宅でゆっくりのんびりと、他の保護されたお子ちゃまたちと過ごしています。

再会はかなわないかもしれませんが、絵と言う形で親子の対面をイメージして描いております。


この場で宣伝させてもらいあれなんですが、絵の収益の方は、額代、消耗品関係を差し引いた額を、「NPO法人TSUBASA」さまという鳥の保護団体様へご寄附させていただいています。

TS3Y15910001.jpg

TS3Y15900001.jpg

TS3Y15890001.jpg

TS3Y1617.jpg

TS3Y16180001.jpg
しゃろむがお世話になった方のご紹介を受けて、5枚描かせていただきましたー
TS3Y1643.jpg
こちらは鳥のイベントの際に出展した作品です。



もし、ご希望・ご依頼の場合は、こちらでも受け付けております。なかなかボランティアとして現地での活動や保護は難しいですが、このような形で、少しでも協力させていただけたらと願っています。

いつも応援ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

しゃろむの病理検査の結果について。

しゃろむについて。

土曜日の朝を少し過ぎたころに、しゃろむのかかりつけの病院から連絡がありました。病理検査の結果が出たのでお電話くださいました。

結果は、残念ながら「悪性腫瘍」いわゆる癌でして、今の段階では、抗がん剤や放射線治療も意味がないとおっしゃいました。歯肉の方は過形成のもので、いわゆる「いぼ」みたいなもの。しゃろむは体の表面にいぼができやすい体質なので、口腔内も同じことなのかと感じました。

ある程度覚悟していたことではありますが、もう行うべき治療法はないとのこと。転移していた場合痛みとかは感じないとのことですが、腹膜への転移は痛みをともない、食欲もなくなり腹水が溜まり苦しいことがあるので、そうなった際は緩和的な治療になると思います。

治療に関してはさまざまな治療法、ご意見もあるかと思いますが、年齢的なことを考えますと、積極的な治療で痛みや辛さが伴うことはしたくはありません。それに先生の話では、ネット上の情報はあくまでも目安なので、数カ月の余命もあれば、寿命をまっとうする場合もあるとのことです。

寿命と言う言葉はあいまいですが、とにかく目標と言うかこれからの生活設計を行い、しゃろむが辛い思いをすることだけは無いようにしていきたいと思います。抜糸が今週土曜日の予定なので、その際にまた先生とは詳しいお話をしていこうと思います。

人間並みの高度動物治療を行う飼い主さんもおられます。それを否定はしませんが、若くて体力的に持ちこたえられる、治る見込みがもてるならそれもありかと思います。我が家の方針は最初からそういう治療を行わないとお迎え時から決めております。高齢ですし、対症療法に対しての高額な治療費を用いるのなら、今後お迎えする可能性がある場合に、行き場のない動物に対して用います。あとは人間の健康も大切なので、万が一のための経済的な余力も必要ですし。

そんなこんなんですが、しゃろむはいたって元気で快便快食!いつもと変わりませんので、あまり悲観的にならずに楽しく過ごせるようにしていきたいと願います。あとは飼い主がしっかりと働き節約して、行き倒れしないようにしていきまーす。

***すみません、SNSの投稿をほぼそのまま記載しましたー***

エリカラは負担があるかと思い、、、
TS3Y1620.jpg
主人のタンクトップで介護服
かなり着心地が悪いみたいです~

TS3Y1621.jpg
以前買った服にわたしの腹巻を縫い合わせましたー

これからも応援よろしくお願いいたします

しゃろむちゃん、元気に帰ってきました~

こんばんは☆
先日のしゃろむの手術の件では、みなさまからご心配をおかけしてすみませんでした。

土曜日からばたばたとしておりまして、ご報告も遅くなり失礼しました。しゃろむですが、無事に脾臓の摘出手術も終えて、先日の月曜日に元気に帰宅しました。今は痛がったりつらそうな様子もなく、ご飯もいつも通りに食べてくれ、うんちもおしっこも普通にしてくれてます。

土曜日の術後夕方6時過ぎに病院から連絡があり、様子を伺いに行きました。摘出した脾臓ですが、テニスボール大の腫瘍があり、摘出した瞬間、破裂したそうです。しゃろむは止血も済んでいたので問題なかったのですが、あのまま何の自覚症状もなく気が付かないまま過ごしていたら、間違いなく破裂を起こし処置が困難になっていたか、最悪はショック死していたかもしれませんでした。

以前もそうでしたが、全く違う症状で検査したりした結果、思いもよらない病気が見つかったりと、しゃろむは運が良いと思います。
脾臓に関しては、ネットでも調べて見ましたが、自覚症状も現れにくく、血液検査でも結果として出ずらいために、見逃しやすいそうです。脾臓は、摘出するには問題はないのですが、腫瘍そのものは悪性の物が多いとのことで、万が一悪性だった場合は他の臓器にも転移している可能性が多いとのことで、結果次第ではいろいろと考えていかなければならないこともあります。

ただ、結果がどうであれ悲観ばかりすることなく、楽しく穏やかに過ごすことができるようにしていきたいと願っています。

10日後に抜糸予定ですのでそのころには病理検査の結果も出ていると思います。るあちゃんはしゃろむが帰ってきたので、またにぎやかにしています。

これからも、もしかしましたらいろいろとあると思いますが、2匹の応援よろしくお願いします♫

しゃろむの手術

またまた久しぶりの投稿になります。

唐突ですが、今日しゃろむが手術を受けます。もう終了したか、まだ術中かは分かりませんが、夕方の6時か7時に結果のお知らせが来る予定です。

最近ごはんを食べてる時にぽろぽろと落としたりすることがあり、年齢なこともあるし数年前に歯を数本抜歯しているからそのせいなのかなーなんて思ってました。ただ少し前に血の臭いがしてその時は発見できなかったのですが、その後口をなめることが数回続いたので、先月末に口の中を調べたら歯茎にできものがあるのを見つけ、すぐに動物病院へ行きました。

その時の先生の診断では、形成からみて多分良性でしょうとのことでしたが、菌の問題での腫瘍では放っておいたら抜歯の処置をしなくてはならないかもしれないとのことでしたので、今のうちに腫瘍を取り除いておいた方が良いのとことでした。年齢的な面で全身麻酔の危険の心配もありましたが、今後のことを考えると、抜歯になった際の年齢と危険の方のが心配なので、念のために病理検査も兼ねて行うことになりました。

で、今日術前検査の血液検査で、肝機能の数値が若干高めでしたので、腹部エコーを行うとのことで、それが問題なければ通常の手術になる予定でした。一旦帰宅して、その後しばらくして病院から連絡があり、脾臓に腫瘍が見つかったとのことでした。

病院へ引き返し、先生から説明を受けたところ、腫瘍はおそらく脾臓にあり大きさは7~8㎝くらいのかなり大きなもの。このままでは破裂する危険もあり、まずは摘出手術が最善で、その後は病理検査をして良性か悪性かの判断を行うとのこと。

脾臓に関しては、血液検査や定期健診でもなかなか発見しづらく自覚症状も初期ではないこと。今回全く別の症状でたまたまエコー検査をして発見できましたが、破裂して急性ショック症状がでて診察に訪れる場合も多く、最悪では突然死も有り得るとのことでした。

今どういった状況なのかは連絡を待つしかないのですが、その間ネットで脾臓腫瘍について調べていましたら、あまり良い内容のことはありませんでした・・・。悪性の場合、術後数カ月で亡くなるケースが多いそうです。もちろん良性であれば元気に過ごせるのですが、圧倒的に悪性の可能性が高いと、ネットではあるので、最初は楽観的だったのですが、ちょっとづつ不安になってきています。

最近はしゃろむの同時期に保護されたわんちゃんたちが相次いで亡くなるといったこともブログで拝見していましたので、そういったことで心の準備はしておかないととは思っていましたが、現実的に今そういう状況があると思うと、やっぱり辛いですね。

そんなわけで今がんばっているしゃろむちゃんが、少しでも穏やかに暮らしていけるように願いたいです。

暗い話ですみません。
るあちゃんは元気です。

また状況が分かりましたらブログでお知らせしたいと思います。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

プロフィール

ゆきたん

Author:ゆきたん
愛犬「しゃろむ」とヨウムの「るあ」の日常です。
しゃろむは「免疫介在性血小板減少症」、るあは原因不明の両足の壊死と闘っています。
最近は2匹の闘病日記になっていますが、日々がんばって治療中です。応援していただければうれしいです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。